JS、Excel形式の帳票への直接出力対応のWeb DBソフト新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JS、Excel形式の帳票への直接出力対応のWeb DBソフト新版を発売


掲載日:2012/10/09


News

 株式会社ジャストシステム(JS)は、Excel形式の帳票への出力機能を新搭載した、“ノンプログラミングWeb DBソフト”の新バージョン「UnitBase 3.0」を12月7日に発売する。

 「UnitBase」は、専門知識不要で、ドラッグ&ドロップの簡単操作で顧客管理や問い合わせ管理、営業管理といったWeb DBの構築や柔軟な変更を行なえ、業務システム開発・運用のトータルコスト削減を図れるWeb DBソフト。今回の新バージョンは、Excel形式の帳票を簡単に作成できる“帳票出力”機能など、対応業務を更に拡大できる機能を搭載している。

 “帳票出力”機能では、同製品で管理しているレコード内のデータを、見積書や請求書などの帳票に直接出力できる。帳票フォーマットを複数登録して1つのレコードから異なる帳票を作成したり、複数のレコードを一括して帳票化できるため、帳票作成作業の効率化を図れる。帳票フォーマットは、Excel形式の帳票と同製品のフィールドをひも付けすることで、簡単に作成できる。

 文字列型のフィールドに入力する際に、全角・半角、大文字・小文字、英数字、記号、カタカナ・ひらがななど、入力できる文字種を制限できる機能が追加され、検索や集計で、データの再利用性向上を図れる。また、レコードの公開範囲をフィールドの値に関連づけて設定できる機能や、DBを開いた時にあらかじめ設定した検索項目で検索ダイアログを表示して検索を促す機能、特定の日時に自動的にメールを送信する“リマインダー通知”機能などが搭載されている。

 また、同製品のDBのひな型を入出力できる“テンプレート機能”が新たに搭載された。同製品のテンプレートファイルを元にDBを作成できるため、業務に合わせたDBをより短期間で用意できるほか、社内やパートナー企業ともDBのひな型を容易に共有できる。なお、テンプレートの提供は、同製品のサイトで12月7日に開始され、提供されるテンプレートは順次拡充される。


出荷日・発売日 2012年12月7日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
1部門からできる進捗管理の脱・Excel化、成功の鍵はWebデータベースにあり やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには? 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041826


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ