ed-contrive、USBメモリ型ウイルスチェック駆除ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ed-contrive、USBメモリ型ウイルスチェック駆除ツールを発売


掲載日:2012/10/05


News

 イーディーコントライブ株式会社(ed-contrive)は、株式会社カスペルスキーのウイルス対策ソフトウェアを搭載したUSBメモリ型ウイルスチェック駆除ツール「Sagasunder」を11月上旬に発売する。

 「Sagasunder」は、ウイルス対策機能に特化した製品で、インターネットに接続できるPCなどで最新のウイルス定義ファイルをダウンロードし、対象の端末に接続するだけで、最新のウイルス定義ファイルが適用され、ウイルスチェックを行なえる。

 オフラインPCやウイルス対策ソフトウェアをインストールできないPCに、USBメモリを挿入し、プログラムを起動させるだけでPC内のウイルスチェック駆除を行なえるため、製造業・医療機関などの隔離されたPC環境でのウイルス対策に利用できる。

 PCに接続し、「Sagasunder」内のプログラムを起動して、オンデマンドスキャンを開始することで、ウイルスチェックを行なえる。また、「Sagasunder」が接続された状態でPCのウイルスチェックをリアルタイムで行なえるほか、セキュリティソフトのインストールができない端末などでは、「Sagasunder」がウイルスを監視する。

 「Sagasunder管理者ツール」がインストールされている端末からネットワーク経由で最新定義DBを更新できるほか、ed-contriveの定義DB配信サーバからの更新も行なえる。また、「Sagasunder」からウイルス検知・駆除を行なった際のログデータをエクスポートし、管理者ツールにインポートすることで、検知・駆除ログの一元管理を図れる。

 価格は、「Sagasunder」管理者ツールが3万円、「Sagasunder」USB本体が2万1800円、「Sagasunder」更新ライセンスが1万2800円。


出荷日・発売日 2012年11月上旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041790


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ