エアー、クラウド向け暗号化ライブラリの新版でAES方式に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エアー、クラウド向け暗号化ライブラリの新版でAES方式に対応


掲載日:2012/10/04


News

 株式会社エアーは、暗号化ライブラリ「WISE Encryptライブラリ」の新バージョン「1.5」を発表した。

 「WISE Encrypt」では、クラウドアプリケーションにデータを渡す前に暗号化することで、データセキュリティを確保できる上、暗号化されたデータに対して検索を行なえる。今回の新バージョンでは、AES(Advanced Encryption Standard)方式に対応した。AES暗号化が必要なクラウドシステムでも、同ライブラリを組み込むことで容易にセキュリティ対策を実施できる。

 利用者が入力したデータを暗号化してアプリケーションに渡すと、データは暗号化された状態でDBに格納される。アプリケーションからの出力は利用者に渡す前に復号化される。フィールドごとに、“暗号化しない”“検索可能な暗号化”“検索できない堅牢な暗号化”などを指定できる。AESの鍵長は128/192/256ビットを指定できる。アプリケーション側は暗号化を意識することが不要なので、既存のクラウドアプリケーションをそのまま使用できる。

 例えば、クラウドアプリケーションとは独立したプロキシソフトに同ライブラリを組み込むことで、クラウドサービスで利用する情報をシステム上で暗号化でき、内外からの脅威に備えられる。ほかにも、同ライブラリをクラウドアプリケーションの前置サービスプログラムに組み込んだり、自社に同ライブラリを組み込んだプロキシソフトを設置し、そこを経由してクラウドアプリケーションにデータを送信するなど、様々な方法で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

nShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
鍵のライフサイクル管理と暗号処理。信頼の要となる鍵をソフトウエアから分離して強力に保護することが可能。HSMの導入、強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041777


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ