アドビ システムズ、Adobe Acrobat XI、Adobe Reader XIを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アドビ システムズ、Adobe Acrobat XI、Adobe Reader XIを提供


掲載日:2012/10/04


News

 アドビ システムズ株式会社は、Adobe Acrobat XI Standard/Pro、Adobe Reader XIの提供を10月15日から順次開始する。

 Adobe Acrobat XIは、ISO32000-1の仕様に準拠したPDFファイルを作成できる。PDFファイル上で編集を行なえるほか、複数の異なる形式の文書ファイルを、中身を確認しながらページ単位で自在に並べ替え、1つのPDFに結合するなど、伝わりやすく効率的な文書作成を支援する機能が強化されている。また、強固なアプリケーションセキュリティ、展開の容易さ、アプリケーション仮想化、Microsoft OfficeやSharePointとのシームレスな統合が図られ、IT部門の業務を支援し、TCO(総所有コスト)の低減、ROI(投資対効果)の向上を支援する。

 新しい直感的な“テキストと画像を編集”ツールを使用することで、シンプルなドラッグ&ドロップでPDFファイルの編集や、テキスト/画像の修正を行なえる。モバイル機能が強化され、Adobe Readerが備える、指で操作する“タッチモード”を利用して、仮想化環境下のタブレットやモバイルデバイスでのPDF編集/保存などの操作性が向上されている。また、PDFファイルの一部または全体をPowerPoint/Word/Excelファイルとして保存でき、Microsoft Office文書やWebページとして再利用できる。編集や印刷を制限したり、文書内容のコピー&ペーストを無効にするなどのPDFファイル保護を、PowerPoint/Word/ExcelからのPDF作成時に同時に簡単に行なえる。

 Adobe Acrobat XI Proでは、レイアウト/書式/マスタレイアウトを保持したまま、PowerPoint形式に書き出せ、既存の資料を活用することで作業時間の短縮を図れる。文書セキュリティの設定など、使用頻度の高い複数操作の設定をあらかじめ登録し、ボタン操作で自動的に処理できる“アクションウィザード”機能が強化され、Microsoft Office文書から直接実行できる。また、Citrixへの対応が強化されたほか、“タッチモード”を新たに搭載している。

 付属のAdobe FormsCentralデスクトップアプリケーションを使用することで、電子フォームを簡単に作成でき、オンラインサービスと統合して配布/収集/結果分析の簡素化を図れる。

 Adobe Reader XIでは、今回のバージョンから、すべての注釈機能を使用でき、無償ながら、活用の幅が拡大された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PDFソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PDFソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「PDFソフト」関連の製品

PDF帳票生成エンジン SVF for PDF 【ウイングアーク1st】
PDFソフト
日本固有の緻密な帳票を生成するPDFエンジン。高精細かつピーク時の同多重アクセスへの対応により、バーコードや画像の貼付けなどハイグレードなPDFの活用・効率化を支援。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041762


IT・IT製品TOP > PCソフト > PDFソフト > PDFソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ