提携:ニチイ学館など、医業環境支援サービスを共同開発して提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ニチイ学館など、医業環境支援サービスを共同開発して提供


掲載日:2012/10/02


News

 株式会社ニチイ学館と日本マイクロソフト株式会社は、医療機関向けの事業で業務提携し、ニチイ学館のネットワークを通じた人的サービスと、日本マイクロソフトのITを活用した新しい医業環境支援サービスを共同で開発し、手術室向け非接触型画像操作システム「Opect」の提供を開始した。また、医療機関向けクラウド型グループウェア「メディクラウド」の提供を12月下旬に開始する。

 両社は、経営支援・診療支援・地域連携の分野で、順次サービスを拡充する。サービス提供に向けた協業として、両社で医療関連の専門プロジェクトチームを結成し、共同で営業・マーケティング活動を行なうほか、ニチイ学館の医療関連事業で蓄積した事例・ノウハウと、日本マイクロソフトの法人向けビジネスや米国本社が行なった海外の医療分野での事例など、両社の経験やノウハウを相互に活用する。また、新サービスを提供する際には、マイクロソフト製品を利活用するためのトレーニングを両社で連携して行なう。

 「Opect」は、手術室向け非接触型画像操作システムで、“診療支援サービス”の1つ。日本マイクロソフトの音声認識やモーションセンサなどを利用して操作できるテクノロジ“Kinect for Windows”を活用した非接触型画像操作システムとして両社共同で開発された。執刀医は端末に直接触れずに人の“自然なしぐさ”で情報提示装置・手術支援システムを操作でき、術場の清潔さを維持したまま必要な情報に“直感的に”アクセスできる。

 「メディクラウド」は、医療機関向けクラウド型グループウェアで、“経営支援サービス”“診療支援サービス”の1つ。Microsoft Office 365とクラウドプラットフォームWindows Azureを基盤に、ニチイ学館の経験・知識を集約して開発された医療機関特化型のグループウェアで、メール・スケジュール管理などに加え、医療機関特有の課題に対処する、様々な機能を提供する。日本マイクロソフトのクラウドサービスを活用することで、情報セキュリティの確保と、中・小規模医療機関や地域医療関連の団体、プロジェクトなどでも導入しやすい初期投資・運用の低コスト化を達成している。

 価格は、「Opect」が49万8000円、「メディクラウド」が初期費用31万5000円、基本システム管理費用月額1万500円から(いずれも税込)で、クラウドサービス利用料は別途。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」 【サイボウズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041711


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ