デル、PowerEdge第12世代サーバをWindows Server 2012に対応

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、PowerEdge第12世代サーバをWindows Server 2012に対応


掲載日:2012/10/01


News

 デル株式会社は、PowerEdge第12世代サーバをマイクロソフトのWindows Server 2012の主要な新機能に対応させ、10月16日に提供を開始する。

 Dell PowerEdge第12世代サーバは、Windows Server 2012 Hyper-Vが提供するダイナミックな仮想化インフラを最適化することで、ワークロードのスケーリングと保護、コスト効率のよいデータセンタ仮想化、容易なインフラ管理、クラウド環境の構築を図れる。大量メモリのサポートとIOスループットの強化など、仮想化向けに設計されているため、Windows Server 2012が提供する包括的な仮想化プラットフォームを最大限に活用でき、IT管理者は、ワークロード/ネットワーク/ストレージの柔軟なソリューションを提供するダイナミックなデータセンタとクラウドインフラを構築できる。

 「Dell PowerEdge M420/C6220」サーバでは、Windows Server 2012 Hyper-V環境の拡張性向上を促進するノード密度を仮想化で構築でき、Dell vStartとリファレンスアーキテクチャは、プライベートクラウド向けに合理化された導入手法と構成要素を提供できる。

 組み込み型サーバ管理機能では、ハードウェア管理の簡素化を図れ、System Center 2012をシームレスに統合することで、Windows Server 2012の仮想・物理環境でITの効率性と生産性向上を図れる。また、マイクロソフトRemote Desktop Service(RDS)と仮想デスクトップ・インフラストラクチャ(VDI)を統合したデルのエンドツーエンドなデスクトップ仮想化ソリューションを利用することで、ユーザ体験を向上しながら人数当たりのコスト削減を図れる。

 ミッションクリティカルなマイクロソフト・ワークロードを実行するエンタープライズ級のデータセンタを構築できる。また、Windows Server 2012のイノベーションを促進できるため、十分な情報に基づいて移行の意思決定を行なえる上、ニーズに合致する時期に、Windows Server 2012を統合するITインフラを装備できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】 1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】
VDI VDI VDI
「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。 ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041678


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ