ソリトン、スマホ等から企業の情報資産を安全に使える製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソリトン、スマホ等から企業の情報資産を安全に使える製品を発売


掲載日:2012/10/01


News

 株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は、スマートデバイスから企業の様々な情報資産を安全に利用できるビジネスプラットフォーム「DME」の新バージョン「4.0」を発売した。

 「DME」は、“セキュア・コンテナ”という手法を採用していて、業務利用する会社専用の領域をデバイス上に確保する。会社はこのコンテナだけを管理し、ユーザはコンテナ内でのみ、会社のメールなどの情報資産を利用できる。コンテナ内とスマートデバイス内の一般データとのやりとりはできない。更にコンテナは暗号化されていて、管理者はリモートから管理できるため、盗難紛失などの際にはコンテナそのものを削除できるなど、セキュリティにも配慮されている。

 今回の新バージョンでは、iOS 6に対応したほか、新機能“DME AppBox”を用いて、スマートデバイス上に簡単にモバイルアプリケーションポータルを構築し、スマートデバイスと社内外の様々な情報資産とを安全に連携できる。デバイス標準のブラウザは利用せず、セキュア・コンテナ内の“DME AppBox”のブラウザエンジンを用いて、スマートデバイスの利便性を保ちながら、許可されたユーザが適切な情報資産に、安全にアクセスできるようになる。

 管理者は「DME」の認証情報と「DME」管理サーバのアクセスリストとを連携させることで、各利用者のスマートデバイス上に簡単に自社のモバイル・アプリケーションポータルを構築できる。社外のクラウドサービスを利用する場合にも、社内イントラネット経由で接続させることで、社内の端末と同じネットワークポリシーをモバイルユーザに適用できる。自社の既存のWebアプリケーションやクラウドサービスアプリをスマートデバイスに登録/管理できるため、自社独自の“アップストア”のように運用管理できる。

 HTML5にも対応していて、JavaScriptを用いて個別にカスタマイズしたアプリケーションも利用できるため、メールやスケジュールなどのグループウェアに加え、ワークフロー/SFA/ERPなど様々な情報資産の活用の幅を広げられる。

 “DME AppBox”は「DME」のセキュア・コンテナの内部で安全に管理され、データ/通信の暗号化に加え、キャッシュやCookie情報の削除など、情報漏洩対策にも配慮されている。アプリケーションの開発者は、セキュリティを意識せずに、業務に求められる機能の開発に専念できる。


出荷日・発売日 2012年9月27日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他スマートデバイス関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他スマートデバイス関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他スマートデバイス関連」関連の製品

EMMプラットフォーム AirWatch 【データコントロール】 業務用アプリ開発 【フェンリル】
その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連
OS、Android、Windows 10など多様なモバイルデバイスを安心して運用できる統合管理ソリューション。グローバル対応、外部システムとの柔軟な連携など多機能。 企画・UI設計・実装までワンストップで対応する業務用アプリ開発サービス。企画の前段階で必要なUXデザインやHTML5を使ったWeb、アプリ開発、サーバー連携まで対応。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041661


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > その他スマートデバイス関連 > その他スマートデバイス関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ