日本IBM、感知範囲が従来比4倍の高性能RFIDシステムの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、感知範囲が従来比4倍の高性能RFIDシステムの新版を提供


掲載日:2012/09/28


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、深宇宙通信テクノロジーを活用して、広い範囲でのトレーサビリティーを備えた、RFIDシステムの新版「Mojix STAR 3000」の提供を開始した。

 「Mojix STAR」は、米国Mojixが開発したRFIDシステムで、タグを付けた商品や人などを、1〜3m以内の位置精度で、200m以上離れた場所でも感知でき、リアルタイムなトレーサビリティー機能を提供する。今回の新版では、送信機に接続する、タグへの電力を発信するアンテナの最大数が8000枚に拡張されたことで、感知できる範囲が従来の4倍の最大10万平方メートルに拡大されるなど、より広範なトレーサビリティー機能を備えているほか、周波数が世界標準の920MHzに対応した。

 従来製品は、受信機と送信機の間が同軸ケーブル接続のみの仕様だったが、ワイヤレス接続を行なえるようになり、より簡単に機器を設置できる。また、稼働温度環境が合計15度拡大され、-30度〜60度で稼働できるほか、電気機械器具の防塵防水の規格“IP65”に対応することで屋外設置も行なえ、耐環境性が向上した。消費電力が従来の100〜175Wから50Wになり、より少ない電力で稼働できるようになった。

 これらにより、例えば小売業では、従来、バーコードやハンディ・スキャナで行なっていた店舗での在庫管理作業を、ハンズフリーで、自動的に、より正確に行なえるほか、店舗内のショッピング・カート上の動きもリアルタイムで把握できるため、顧客が購入するまでの具体的な動きなども把握できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 特権ID管理 CA Privileged Identity Manager 【アシスト】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】 プロビジョニング管理システム「D-PLAMS」 【ディライトテクノロジー】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 「OSでは満たせないあらゆるイベントのアクセス制御」と「特権/共有アカウントのパスワード貸出制御」を実現できる特権ID管理製品。 システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。 今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる アカウント管理のニーズに柔軟に応えるID管理パッケージ。データのコード体系を選ばず、ほぼすべてのシステムと連携できる。オンプレミスまたはクラウドサービスで提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041644


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ