日本IBM、感知範囲が従来比4倍の高性能RFIDシステムの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、感知範囲が従来比4倍の高性能RFIDシステムの新版を提供


掲載日:2012/09/28


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、深宇宙通信テクノロジーを活用して、広い範囲でのトレーサビリティーを備えた、RFIDシステムの新版「Mojix STAR 3000」の提供を開始した。

 「Mojix STAR」は、米国Mojixが開発したRFIDシステムで、タグを付けた商品や人などを、1〜3m以内の位置精度で、200m以上離れた場所でも感知でき、リアルタイムなトレーサビリティー機能を提供する。今回の新版では、送信機に接続する、タグへの電力を発信するアンテナの最大数が8000枚に拡張されたことで、感知できる範囲が従来の4倍の最大10万平方メートルに拡大されるなど、より広範なトレーサビリティー機能を備えているほか、周波数が世界標準の920MHzに対応した。

 従来製品は、受信機と送信機の間が同軸ケーブル接続のみの仕様だったが、ワイヤレス接続を行なえるようになり、より簡単に機器を設置できる。また、稼働温度環境が合計15度拡大され、-30度〜60度で稼働できるほか、電気機械器具の防塵防水の規格“IP65”に対応することで屋外設置も行なえ、耐環境性が向上した。消費電力が従来の100〜175Wから50Wになり、より少ない電力で稼働できるようになった。

 これらにより、例えば小売業では、従来、バーコードやハンディ・スキャナで行なっていた店舗での在庫管理作業を、ハンズフリーで、自動的に、より正確に行なえるほか、店舗内のショッピング・カート上の動きもリアルタイムで把握できるため、顧客が購入するまでの具体的な動きなども把握できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
巧妙化する標的型攻撃への対策は、侵入を前提とした「多層防御」が鍵となる 国家だけのリスクではないインサイダー脅威、過去の事件集から対策を解説 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 管理者権限の不正利用を防ぎ、リスク要因を減らす機能の導入方法とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041644


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ