日立、デバイス仮想化機能など搭載のユニファイドストレージ出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、デバイス仮想化機能など搭載のユニファイドストレージ出荷


掲載日:2012/09/27


News

 株式会社日立製作所(日立)は、ストレージデバイス仮想化機能やリモートコピー機能などのエンタープライズストレージで培った機能を搭載したユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage VM」の出荷を開始した。

 「Hitachi Unified Storage VM」は、エンタープライズストレージのみで提供していた高度な機能をミッドレンジストレージに搭載して提供することで、システム導入のコストを抑えながら、高い運用性と高信頼なデータ保護を提供し、データの効率的な管理/活用を支援する。

 ストレージデバイス仮想化機能“Hitachi Universal Volume Manager”を搭載したことで、機種の異なるストレージ装置のボリュームを1台の「Hitachi Unified Storage VM」のボリュームとして最大64PBまで一元管理でき、大規模システムへの対応と運用管理の負担軽減を図れる。データ移行では異なる装置のボリュームを「Hitachi Unified Storage VM」のボリュームとして管理できるため、データ移行時のシステム停止時間を短縮できる。また、ボリューム容量仮想化機能“Hitachi Dynamic Provisioning”やストレージ階層仮想化機能“Hitachi Dynamic Tiering”も搭載し、ボリュームや記憶媒体を効率的に利用できる。

 リモートコピー機能“Hitachi Universal Replicator”を搭載し、データ保護/ディザスタリカバリのRPO(Recovery Point Objective)の短縮を図れ、ストレージシステム間でのデータ複製をサーバでのデータ更新と非同期化することで、遠隔サイトでもサーバの業務処理に影響を与えずデータを複製できる。また、データ更新を更新順序も含めてストレージ装置内のジャーナル(変更履歴)ファイルに記録し遠隔サイトに転送する方式を採用しているため、回線帯域の変動影響を受けにくく、データ更新順序を更新単位で保障した高信頼なデータ複製を行なえる。

 オプションのファイルモジュールを追加で導入することで、ブロックデータとファイルデータを1システムにまとめて格納できる。標準搭載のストレージハードウェア管理ソフトウェア「Hitachi Device Manager」を利用して、ブロックデータ/ファイルデータ双方のストレージ容量や利用状況の確認、容量の割り当てを同一の画面から一元的に行なえるため、複数ストレージの使い分け、データの管理分け不要で、管理者の運用負担軽減、設備の初期投資や運用管理コストの削減を図れる。


出荷日・発売日 2012年9月26日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041598


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ