クォーレスト、デュアルXeon E5-2400シリーズCPU対応のWSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、デュアルXeon E5-2400シリーズCPU対応のWSを発売


掲載日:2012/09/26


News

 株式会社クォーレストは、デュアルXeon E5-2400シリーズCPU対応のハイグレード ワークステーション(WS)「Qualest Convallis C-3000D」シリーズを発売した。

 「Qualest Convallis C-3000D」シリーズは、Xeon E5-2400シリーズCPUを搭載できるWSで、大口径低速静音ファンや水冷CPUオプションを採用し、優れた冷却機構を備えている。デュアル3チャンネル構成の240ピンDIMMソケット6本を備え、最大48GBのアン・バッファードメモリまたは192GBのECC LRDIMMメモリを搭載できるほか、システム機能拡張バスとして、PCI-Express 3.0 x16を1本、PCI-Express 3.0 x8を3本、PCI-Express 3.0 x4を1本、32ビットPCIを1本装備している。また、Intel C602チップセットを採用し、Intel Smart Response Technologyなどに対応した2ポートの6Gbps SATAと、8ポートの3Gbps SATAを装備、Windows/Linux環境で、コールドスワップのRAID 0/1/5/10のデータ保護環境を提供する。

 トレー式の内蔵HDDベイは、8台の3.5/2.5インチ・ディスクをマウントでき、メンテナンスが容易で、振動吸収用インシュレーターを装備しているほか、2台の2.5インチ・ディスク用の固定ベイが用意されている。低消費電力動作の2個のIntel 82574Lチップは、障害迂回機能、異なるプロトコールでのトラフィック・ゲートウェイ機能、チーミングに対応し、サーバ・グレードのデュアルGbE LAN環境を提供する。また、4ポートのUSB3.0、6ポートのUSB2.0を備えているほか、マルチメディア機能としてRealtek ALC889 Audio Codecを使用した8チャンネルHDオーディオを装備している。

 650W 80Plusブロンズ規格高効率電源を採用し、850W/1050W/1200W電源にアップグレードできる。本体前面に最大動作音19dBの3段可変速14cmファン2台を装備しているほか、底面と側面にも各1台の静音14cmファンを追加できる。背面に1台、天板に2台装備されている14cmファンも最大動作音22dBと静かで、システムの発熱量に応じて自動的に回転数が変化するPWM(Pulse Width Modulation)方式を採用している。また、ファンやHDDなどの振動による低周波騒音対策として、ファブリックコーティングされた高密度炭化水素系デッドニング・パッドを採用するなど、低騒音化を図っている。電源ファンも含め、全吸気ファンにエアフィルタが装着されていて、システム内部をクリーンな状態に保ち、長期安定使用を図れる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041542


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ