カスペルスキー、ウイルス対策ソフトがテスト機関の最高賞獲得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カスペルスキー、ウイルス対策ソフトがテスト機関の最高賞獲得


掲載日:2012/09/25


News

 株式会社カスペルスキーは、Kaspersky Labの基本的なPCプロテクションを提供するウイルス対策ソフトである「カスペルスキー アンチウイルス 2012」が、独立系テスト機関AV-Comparativesが実施したテストで最高賞を獲得したと、発表した。

 AV-Comparativesが3月から7月にかけて、レトロスペクティブ/プロアクティブテストで、セキュリティソリューションのテストを実施した。DB更新とクラウドへのアクセスなしでの成功は、プロアクティブな保護技術に依存している。この課題を通過し、「カスペルスキー アンチウイルス 2012」は、最高賞であるAdvanced+の基準点を越える、マルウェアの97%を検知して1位となった。

 同テストの実施により、全部で17のセキュリティソリューションのDB更新が停止させられ、テストマシンはインターネットから切断された。そして、各製品はDBの更新停止後に発見された4138個のマルウェアサンプルのスキャンを行なった。DB更新やクラウドベースのセキュリティネットワークからマルウェア情報を取得できないため、各製品は、プロアクティブもしくはヒューリスティック技術に頼ることを余儀なくされた。

 同ソフトは、通常のオンデマンドスキャン時に悪意のあるアプリの90%をブロックすることに成功した。 続く追加のテストでは、他のマルウェアの7%をブロックし、多少の誤検知はあったが、最終スコアを97%に伸ばした。これは、Advance+を獲得した11のソリューション平均値である87%を上回る結果でもある。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? 【F5ネットワークスジャパン】 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 【日本アイ・ビー・エム】 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 【KDDI】 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」 【KDDI】
統合運用管理 プライベートクラウド スマートフォン 無線LAN モバイル通信サービス
クラウド運用負荷を極限まで軽減、シンプルな管理を可能にする5つの優れた機能 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041520



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ