セキュアブレイン、経路などを特定し標的型攻撃を防ぐ製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セキュアブレイン、経路などを特定し標的型攻撃を防ぐ製品を発売


掲載日:2012/09/24


News

 株式会社セキュアブレインは、標的型攻撃対策に必要な情報を収集し分析することで、感染原因や経路を特定し、マルウェアの感染拡大を防止できる、米国Sourcefire社のセキュリティソリューション「FireAMP」を発売した。

 「FireAMP」は、ビッグデータを分析することで、他のセキュリティレイヤで見逃された脅威の特定と評価を行なう、高度な検出機能を搭載したクラウドベースのインフラストラクチャを備えている。また、企業ネットワーク内のファイルイベントを記録することで、企業・組織へのマルウェアの侵入経路と感染被害状況を特定できる。

 Sourcefireの研究チーム“Vulnerability Research Team”(VRT)により構築された解析システムが、マルウェアの詳細な挙動情報を提供する。また、ウイルス対策ベンダーから更新(アップデート)を入手する必要なく、ユーザが独自にマルウェアを検知するためのシグネチャ作成機能を備えているほか、クラウド内に保存した過去のファイルイベントの分析を繰り返すことで、見逃されていた脅威を検出し、駆除できる。

 企業・組織のネットワークでのマルウェア感染の状態について必要な情報をレポートできる。ハイリスクなコンピュータや、脅威の根本的原因(マルウェアの感染原因になったアプリケーションを示すもの)、高度で長期に及ぶ脅威(ユーザの環境で標的型攻撃に利用されたと考えられるマルウェア)が詳細に示される。

 年間ライセンス費は25ユーザで24万5000円からで、年間サポート費が含まれる。


出荷日・発売日 2012年9月21日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IDS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IDS」関連情報をランダムに表示しています。

「IDS」関連の製品

脅威検出/分析プラットフォーム RSA Security Analytics 【EMCジャパン】
IDS
従来の分析ソースであるログ情報に加えパケット情報と脅威インテリジェンスを統合し、従来は発見困難だった脅威も迅速な検出を可能にする脅威検出/分析プラットフォーム。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041493


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IDS > IDSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ