イメーション、リムーバブルHDDで1.5TBのRDXカートリッジを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イメーション、リムーバブルHDDで1.5TBのRDXカートリッジを発売


掲載日:2012/09/21


News

 イメーション株式会社は、バックアップシステム「RDX」に、従来の1.5倍の記憶容量を備えた1.5TBの大容量「RDXカートリッジ」を10月1日に発売する。価格はオープン価格。

 リムーバブルHDDストレージシステム「RDX」は、国内外の主要なサーバメーカがエントリーレベルのサーバ・ワークステーション(WS)などの標準的なバックアップシステムとして採用していて、サーバなどに接続したドッキングステーション(ドライブ)やオートローダーに「RDX」カートリッジを挿しかえて使用できる。また、上位下位互換性を備え、カートリッジが大容量化した場合も、使用中のドッキングステーションや、RDXオートローダーなどの装置でそのまま使用できる。

 今回発売される1.5TBのカートリッジは各サーバメーカの装置でも使用でき、RDXマルチオートローダー「A8」では1.5TBカートリッジを利用することで、バックアップ容量を最大12TBに拡大できる。

 RDXカートリッジはチリ・ホコリによる影響や劣化が少なく、耐振動構造を備えているため、約1mからの落下にも耐えられる。熱や静電気対策も行なわれていて、データをしっかり保護でき、災害に備えた遠隔保管も行なえる。

 RDXマルチオートローダー「A8」を使用した場合、最大12TBの大容量バックアップを行なえ、バックアップデータの容量が増大することで、バックアップ時間を要するものの、「A8」のジャンボフレーム機能を使用することで、平均転送速度をテープモードで71/55MBps(Read/Write)、JBODモードで120/80MBps(Read/Write)まで向上させられる。


出荷日・発売日 2012年10月1日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは?

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041484


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ