Rセキュリティ、無料グループウェアで“見ました”機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Rセキュリティ、無料グループウェアで“見ました”機能を強化


掲載日:2012/09/21


News

 Rセキュリティ株式会社は、無料グループウェア「Rグループ」で、伝達ミスの低減を図れる“見ました”機能を強化した。

 “見ました”機能では、「Rグループ」の掲示板で誰かの書き込みを見た際に、そこにある“見ました”ボタンを押すことで、“見た”意思表示を簡単に行なえる。また、書き込みを見ると誰が“見ました”を押したかがわかるので、“あの書き込み見てくれた?”などの確認が不要になる。

 見た人順に名前を表示できるほか、社員の一覧の中で見た人の名前をハイライトすることもでき、好みに合わせて表示を切り替えられる。また、プロフィール画像を登録しておくと、書き込みに、書き込んだ人の顔を表示できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 【 日本マイクロソフト】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 “ほぼ1情シス”のお悩み解決!グループウェア管理の負担を解消 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 332万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041473


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ