MSYS、FeliCaとSNSを活用した販売促進サービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MSYS、FeliCaとSNSを活用した販売促進サービスを発売


掲載日:2012/09/21


News

 丸紅情報システムズ株式会社(MSYS)は、FeliCaリーダライタ「ナビ(NAVI)」シリーズを使用し、SNSを活用した販売促進サービス「リアルいいね!ナビ(NAVI)」を発売した。開始当初はFacebookに対応する。

 「リアルいいね!ナビ」では、店舗やイベントに訪れた顧客が、設置されたFeliCaリーダライタにスマートフォンをかざすと、あらかじめ開設したFacebook内の各Webページへ自動接続される。店舗・商品・イベントの情報などをあらかじめ用意しておくことで、顧客が現場から簡単にSNSに情報を投稿し、友人と共有できる。FeliCaリーダライタをSNSの入り口として利用でき、新規顧客の獲得や常連客の育成など、販売促進を支援する。

 Facebookのニュース配信機能などを活用した場合、店舗やキャンペーンなどの情報を顧客へ提供し、配信されたニュースを顧客が友人に伝えることで、口コミと同じような情報伝達の効果を得られる。顧客がFeliCaリーダライタのセンサ搭載部にスマートフォンをかざすと、同社が運用するサーバを経由してFacebookのWebサイトにアクセスし、サーバはスマートフォン端末を識別する固有番号などを取得する。Facebookにアクセスしたスマートフォンからログインして、「リアルいいね!ナビ」をアプリとして承認して、画面に表示された“いいね!”ボタンを押すことで投稿が完了する。

 FeliCaリーダライタは、同社が販売中のカード型と液晶モニタ一体型の2機種から選択できる。

 価格は、カード型の「ラピナビライトエスディー」を使用する場合、初期費用17万2800円、月額費用5200円から。液晶モニタ一体型の「ポップナビツー」を使用する場合、初期費用11万4800円、月額費用5000円から。


出荷日・発売日 2012年9月20日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】
CRM CRM CRM CRM CRM
本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 クレームをチャンスに変える! 攻めの顧客対応で売上アップする方法 セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041472


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ