セイコーエプソン、10月1日付の人事・機構改革を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セイコーエプソン、10月1日付の人事・機構改革を発表


掲載日:2012/09/19


News

 セイコーエプソン株式会社は、10月1日付の人事・機構改革を発表した。
 
 役員の業務委嘱・委任発令として、羽片 忠明氏がプリンター事業部長に、小松 宏氏が事業基盤強化本部副本部長に就任する。宮川 隆平氏が安全推進部長を兼務、奥村 資紀氏が機器要素技術開発本部長に就任する。

 本部長・事業部長の人事発令として、村田 すなお氏がIT推進本部長兼Cプロジェクト部長に、松沢 哲也氏が商業プリンター事業部副事業部長に就任する。

 部長級の人事発令として、経営戦略本部では千葉 浩典氏が企画渉外部長に就任する。技術開発本部では大村 訓郎氏がコア技術開発センター部長に、山崎 睦明氏がFA機器部長に就任する。プリンター事業部では土田 英文氏がプリンター総務部長兼人事部長兼総務部長に就任する。商業プリンター事業部では内田 康彦氏と田口 恵一氏が商業プリンター企画設計部長に就任する。ビジネスシステム事業部では有賀 豊氏がBS・CS品質保証部長に就任する。光学事業部では宮下 和典氏が光学技術部長を兼務する。マイクロデバイス事業部では土田 知明氏がIC管理部長に就任、内堀 真司氏がIC製品技術部長を兼務、森 幸三氏がIC生産技術部長に就任する。

 機構改革では、情報機器事業セグメントを解消・再編、機器事業基盤強化本部を解消し機能の移管を、電子デバイス・精密機器事業セグメントを解消・再編、経営戦略本部へグローバル管理会計システム構築プロジェクトを編入、事業基盤強化本部へ機器営業企画管理部の編入(営業企画管理部に改称)、機器環境製品安全部をCS品質保証・環境推進部へ統合、SCM部を生産企画・貿易管理部に統合する。

 また、機器IT推進本部をIT推進本部に改称、情報化推進部を機器情報化推進部に統合(情報化推進部に改称)、Cプロジェクトを新設、機器要素技術開発本部に機器デザイン部を編入、プリンター事業部ではプリンター総務部を新設し機器総務部の一部機能を移管、マイクロデバイス事業部ではデバイス管理部をデバイス総務部に改称、IC生産管理調達部をIC管理部に改称する。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Microsoft Dynamics 365 for Operations 【日立ソリューションズ】 Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】 「働き方改革」のせいで“1人情シス”の仕事が増加? 悲劇を招かない方法とは 【JBサービス+他】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 「機械学習=面倒」はもう古い、Azure ML活用ソリューションの便利度は 【日立システムズ+他】
ERP CRM ID管理 ワークフロー データ分析ソリューション
生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 どんなIT製品/サービスも「導入したら終わり」ではない。「導入後の運用をどうするか」という点も考慮すれば、おのずと選ぶべき手段は見えてくる。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 機械学習によるデータ分析は用意が大変で、運用にコストがかかる。そんなイメージを変える「Azure Machine Learning」活用の新サービスが登場した。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041406



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ