キヤノン、フルHD対応のネットワークカメラ4機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、フルHD対応のネットワークカメラ4機種を発売


掲載日:2012/09/13


News

 キヤノンは、フルHDに対応したネットワークカメラの新製品「VB-H41/VB-H41B」「VB-H610VE」「VB-H610D」「VB-H710F」の計4機種を12月上旬から順次発売する。

 「VB-H41/B」は、パン・チルト・ズームを行なえる旗艦モデルで、フルHDに対応する高画質や高度な配信性能を備えている。配信性能が向上した映像圧縮通信エンジン“DIGIC NET II”を搭載ことで、大容量のフルHDデータを最大毎秒30フレームの高フレームレートで配信でき、高画質でコマ落ちのないスムーズな映像を得られる。

 カラー撮影時には0.4ルクス、ナイトモードでの白黒撮影時には0.02ルクスの最低被写体照度に対応し、月明かり程度の環境下でも低ノイズなカラー撮影を行なえ、夜間監視などに利用できる上、映像の暗部を明るく補正するスマートシェード補正機能を搭載し、逆光などで判別しにくい人物などを的確に識別できる。

 業界標準通信インターフェース規格“ONVIF”の新バージョン2.2に対応し、機器の機能分野別に接続性を保証する認証方式“Profle S”にも対応したことで、他のONVIF準拠製品との相互接続性が向上、システムの拡張性に優れている。カラーは、シルバーとブラックの2色。

 「VB-H610VE」はバンダル固定ドーム型モデル、「VB-H610D」は広角・固定ドーム型モデル、「VB-H710F」は広角・固定ボックス型モデルで、いずれも高画質なフルHDに対応しているほか、最大水平画角112度の広角と、光学3倍に加えデジタル4倍(最大12倍)の高倍率を達成している。

 「VB-H610VE」は、1台で広範囲の撮影を行なえ、導入コストの抑制を図れる。1mの高さから5kgの鉄球が落下した衝撃(50J)にも耐えるほか、レンズ部を保護する衝撃緩和機構を搭載している。「VB-H610D」「VB-H710F」は、カメラ設置時にズーム位置をPCから遠隔操作できる設置PTRZ機能を搭載、設置作業の効率化を図れるほか、カメラ設置後にフォーカス調整をPCから遠隔操作できるパワーフォーカス機能を搭載、レイアウト変更などにも容易に対応できる。

 価格は、「VB-H41/B」が28万8000円、「VB-H610VE」が22万8000円、「VB-H610D」「VB-H710F」が18万8000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041298


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ