ランサ・ジャパン、スマートデバイス向けアプリ開発ツールを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ランサ・ジャパン、スマートデバイス向けアプリ開発ツールを出荷


掲載日:2012/09/13


News

 株式会社ランサ・ジャパンは、IBM i開発者のためのスマートデバイス向けネイティブ・アプリケーション開発ツール「LongRange LANSA版」の出荷を開始した。価格は99万円から(保守料金別)。

 「LongRange LANSA版」は、「LongRange」のRPG版の姉妹製品で、LANSA製品を利用中のユーザ向けの製品。IBM iサーバに加え、Windowsサーバをサポートする。また、次のバージョンでは、非同期通信のサポートが予定されている。

 LANSAの開発者は、HTML5やCSS3(Cascading Style Sheets 3)、PHP、JavaScript、Java、Objective-Cなどの新しい技術は不要で、既存のLANSAユーザが持っている技術を使用するだけで、スタイリッシュでモダンなビジネス用モバイル・アプリケーションの開発/保守を行なえる。複数のモバイル・プラットフォームに対するネイティブ・アプリケーションの設計/コーディング/配布にかかる時間の削減を図れ、実用化までの時間の短縮を図れる。また、業務や現行システムに長けている開発者が、ネイティブ・モバイルアプリケーションの保守や拡張を行なえるため、将来的に、既存の基幹業務アプリケーションと同様に容易に行なえ、総所有コスト(TCO:コンピュータシステムの導入、維持・管理にかかる費用の総額)の最小化を図れる。

 iPhone/iPadアプリをApp Storeからすぐにダウンロードできるほか、AndroidアプリはGoogle Playからまもなくダウンロードできる。現在のプログラミング知識で開発でき、Objective-C/Javaのスキルや、JavaScript/HTML/CSSの知識不要で開発できる。また、一度作成すれば、Appleのモバイルデバイス、Androidのモバイルデバイスのどちらにも配布でき、異なるWebブラウザに対する異なるバージョンの保持が不要になる。

 GPS(Global Positioning System)やカメラ、音声、SMSなどモバイルデバイス特有の機能を使用できるほか、モバイルデバイスに対し、直接アプリのアップデートを自動転送できる。また、短時間で、モバイル・アプリケーションを作成し、実用でき、モバイル・アプリケーションの保守・拡張費用の削減を図れる。


出荷日・発売日 2012年9月13日 出荷
価格 99万円〜(保守料金別)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 Excel関数入力ができるなら、もっと便利な業務アプリが作れる 【日本マイクロソフト】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 超高速開発ツール「Web Performer」 【サンテック】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション) データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 Excelの式入力ができるなら、同じ手間でもっと便利な業務アプリ作成ができる ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 ノンプログラミングでWebアプリケーションを自動生成するマルチブラウザ対応の超高速開発ツール。Javaの知識不要で、基本設計情報を定義するだけでシステムを開発できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041296


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ