日立システムズ、SaaS型統合監視の対象にAmazon EC2を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システムズ、SaaS型統合監視の対象にAmazon EC2を追加


掲載日:2012/09/11


News

 株式会社日立システムズは、SaaS型統合監視サービス「App Bridge Monitor」の監視対象に、アマゾン ウェブ サービスの「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)を追加し、提供を開始した。価格は、サーバ1台あたり1時間1.25円。

 「App Bridge Monitor」では、クラウド環境を含めた遠隔地のサーバをインターネット経由でリモート監視できる。サービス型なので、資産の所有が不要で、対象サーバに監視エージェントをインストールすれば、複雑な設定をせずに、すぐに監視を開始できる。

 今回、監視の範囲に「Amazon EC2」が追加されたことで、Windowsプラットフォーム上で稼働するサーバやアプリケーションであれば、「Amazon EC2」/オンプレミスを問わず統合監視できるようになった。サーバのリソース使用状況も一元的に監視できる。また、分散したサーバの監視でも複数のツールを使う必要がなく、TCO削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 サーバ1台あたり1時間1.25円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
過半数が「ディスク容量不足」に不安、ファイルサーバの課題にどう対応する? 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 不満が噴出するファイルサーバの容量問題 拡張より先にすべき事

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041247


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ