日立システムズ、SaaS型統合監視の対象にAmazon EC2を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システムズ、SaaS型統合監視の対象にAmazon EC2を追加


掲載日:2012/09/11


News

 株式会社日立システムズは、SaaS型統合監視サービス「App Bridge Monitor」の監視対象に、アマゾン ウェブ サービスの「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)を追加し、提供を開始した。価格は、サーバ1台あたり1時間1.25円。

 「App Bridge Monitor」では、クラウド環境を含めた遠隔地のサーバをインターネット経由でリモート監視できる。サービス型なので、資産の所有が不要で、対象サーバに監視エージェントをインストールすれば、複雑な設定をせずに、すぐに監視を開始できる。

 今回、監視の範囲に「Amazon EC2」が追加されたことで、Windowsプラットフォーム上で稼働するサーバやアプリケーションであれば、「Amazon EC2」/オンプレミスを問わず統合監視できるようになった。サーバのリソース使用状況も一元的に監視できる。また、分散したサーバの監視でも複数のツールを使う必要がなく、TCO削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 サーバ1台あたり1時間1.25円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

ファイルサーバー統合管理システムGDMS3.0 【ジャストシステム】 高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】 ファイルサーバアクセス統合管理製品『Varonis DatAdvantage』 【ノックス】 NEC Information Assessment System 【NEC】 コンソールサーバー SmartCS NS-2250 【セイコーソリューションズ】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
肥大化したファイルサーバーを素早く「状況把握」「分析」「整理」し、肥大化対策とセキュリティ管理の自動化を実現するシステム。 業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。 ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。 ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。 SmartCSは、サーバーやネットワーク機器のコンソールポートを統合・収容し、ネットワーク障害発生時にも確実に対象機器へアクセスできるライフラインの構築を容易にする。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041247


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ