採用:富士通セミコンダクター、HyperLynx導入を拡大

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:富士通セミコンダクター、HyperLynx導入を拡大


掲載日:2012/09/10


News

 メンター・グラフィックス・コーポレーションは、富士通セミコンダクター株式会社が、メンター・グラフィックスの「HyperLynx」をSerDes設計の代表的一例である5Gbps転送対応のUSB 3.0におけるシグナル・インテグリティ(SI)解析に導入したことを発表した。

 富士通セミコンダクターは、自社のIBIS-AMI(I/O Buffer Information Specification - Algorithmic Modeling Interface)と「HyperLynx」のChannel Analysis技術とを組み合わせることにより、トランジスタ・モデルと同等の精度を維持した高速な解析に成功した。昨年、富士通セミコンダクターは、DDR2/3/4に代表されるメモリ・インターフェースのLSI-PKG-PCB協調設計の標準ツールとして「HyperLynx」を採用しているが、それに続いての導入となる。

 USB 3.0の普及にともない、機器開発時に5Gbps帯のシグナル・インテグリティ解析を行なうケースが増えている。この帯域のシミュレーションでは精度を重視し、トランジスタ・モデルが一般的に用いられていたが、シミュレーション時間の長期化という問題があった。シミュレーション時間の短縮方法としてはIBISモデルを使用するのが一般的だが、IBISモデルの精度やシミュレータによる解釈の違いにより正しい結果を得られないこともあり、課題となっている。

 富士通セミコンダクターでは自社のIBIS-AMIモデリング技術とメンター・グラフィックスの「HyperLynx」を組み合わせることにより、USB 3.0及びその他のマルチギガビット・テクノロジに必要な精度の確保と、解析時間の大幅な短縮に成功した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 ProSCOPE-C 【日立SC】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 総合保育業務支援システム Kid's View(キッズビュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 厚生労働省の補助金で導入することもできる保育業務支援システム。園児の出欠状況確認、職員情報の管理、クラスごとの出席簿作成、園児の成長の記録などが効率的に行える。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041237


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ