NEC、Server 2012 Hyper-V仮想スイッチをOpenFlow対応可能に

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、Server 2012 Hyper-V仮想スイッチをOpenFlow対応可能に


掲載日:2012/09/10


News

 日本電気株式会社(NEC)は、Windows Server 2012のHyper-V仮想スイッチをOpenFlowに対応させる拡張ソフトウェア「UNIVERGE PF1000」(プログラマブルフロー)の提供を11月に開始する。

 「UNIVERGE PF」シリーズは、OpenFlow技術に対応し、SDNを構築できるネットワーク製品で、パケット転送機能を備えたプログラマブルフロー・スイッチ「UNIVERGE PF5240/5820」と、通信制御機能を備えたプログラマブルフロー・コントローラ「UNIVERGE PF6800」で構成されている。

 今回提供される「UNIVERGE PF1000」は、Windows Server 2012 Hyper-V上の仮想スイッチをOpenFlowに対応させることで、「UNIVERGE PF6800」が、既存の物理スイッチ「UNIVERGE PF5240/5820」に加え、仮想スイッチも制御できるようになり、サーバ仮想環境を柔軟できめ細かく制御できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「SDN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SDN」関連情報をランダムに表示しています。

「SDN」関連の製品

次世代SDNで何が変わる? 「L4/L7サービスチェイニング」を徹底解説 【シスコシステムズ合同会社】 丸分かり「VMware NSX」入門 なぜ必要か? 何ができるのか? 【ヴイエムウェア株式会社】 次世代仮想化基盤の鍵、「ネットワーク仮想化」で得られる3つの効果とは? 【日商エレクトロニクス】 ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか? 【ダイワボウ情報システム+他】 IPS連携でサーバを自動検疫、次世代SDNでデータセンターのセキュリティを強化 【シスコシステムズ合同会社】
SDN SDN SDN SDN SDN
次世代SDNで何が変わる? 「L4/L7サービスチェイニング」を徹底解説 丸分かり「VMware NSX」入門 なぜ必要か? 何ができるのか? 次世代仮想化基盤の鍵、「ネットワーク仮想化」で得られる3つの効果とは? サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。 次世代SDNとIPSの連携でデータセンターのセキュリティを強化

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041231


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ