オートデスク、建築業界向けBIMソフトウェア新製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オートデスク、建築業界向けBIMソフトウェア新製品を発売


掲載日:2012/09/10


News

 オートデスク株式会社は、建築物の設計/施工/維持を行なうためのBIM(ビルディング インフォメーション モデリング)ソフトウェア「Autodesk Revit」シリーズの新ラインアップで、「Autodesk Revit LT 2013」と「AutoCAD Revit LT Suite 2013」を10月9日に発売する。

 「Autodesk Revit LT」は、「Autodesk Building Design Suite」「Autodesk Revit」各製品の包括的なBIM機能のうち、建築向けの3次元詳細設計と図面作成、設計図書の作成に特化させた製品。3次元設計/BIM環境への移行を検討している事業者や、「Autodesk Building Design Suite」「Autodesk Revit」各製品ほどの高機能は不要ながら、これらの製品を使用する協力会社と、BIM環境下で協業設計を行なう事業者などが導入しやすいように開発された。

 詳細な設計データを作成して、関係者が活用でき、プロジェクト全体の効率向上を図れる。3次元の設計データを作成すると同時に、図面/設計図書がリアルタイムで自動生成されるため、これらを改めて作成する手間を省けるほか、プロジェクト全体を通じてデータの修正や変更がリアルタイムに反映され、履歴を管理できるため、プロジェクト参加者は常に最新データを利用でき、間違った情報を使用したミスや、後工程での手戻りの削減を図れる。

 DWG/RVTファイル形式で設計図面のやり取りを行なえる。設計図面をDWG/RVTファイルで作成できるため、「Autodesk Revit」各製品やAutoCAD各製品を使用している他のメンバーとファイル交換することで、円滑な協業設計を行なえる。また、クラウドサービス「Autodesk 360」を利用することで、より現実感のあるパースを作成できる。同社の製品サポート「Autodesk Subscription」の契約ユーザは、「Autodesk Revit LT」からクラウドで提供される機能を利用して、高度なレンダリングを利用したフォトリアルなパースを作成できるため、使用しているPCの性能に非依存で、現実感のある3次元モデルで建築物や空間をより明確に把握でき、設計意図をより明確/効果的に共有できる。

 「AutoCAD Revit LT Suite 2013」は、「Autodesk Revit LT」と2次元CAD「AutoCAD LT」をセットにしたパッケージで、「Autodesk Revit LT」のBIM機能に加え、「AutoCAD LT」の詳細な2次元図面作成機能を利用できるほか、「AutoCAD」各製品や「AutoCAD LT」と正確なデータ連携を行なえる。


出荷日・発売日 2012年10月9日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041209


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ