BUG、サイト誘導に利用可能な小型・軽量の非接触ICリーダを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BUG、サイト誘導に利用可能な小型・軽量の非接触ICリーダを発売


掲載日:2012/09/06


News

 株式会社ビー・ユー・ジー(BUG)は、来店ポイントサービスなどのBUGモバイルマーケティングソリューション「ピットタッチ」シリーズに、従来製品に比べ小型・軽量で、乾電池で長期間操作できる非接触ICリーダ「ピットタッチ・ナノ」を追加し、9月に発売する。

 「ピットタッチ・ナノ」は、約縦41mm×横62.5mm×高さ20mm/重さ約25gと小型・軽量の非接触ICリーダ。FeliCa/NFCの両非接触ICに対応している上、スマート・サウンド・タッチ技術を備え、非接触IC非搭載のiPhone/Androidスマートフォンにも対応し、モバイルフォンユーザを簡単にサイトに誘導できる。

 同製品を使用したサイト誘導では、BUGリダイレクトサービスを利用する。同製品にタッチしたモバイルフォンは、一旦BUGサーバにアクセス、事業者が指定したサイトに誘導されるため、誘導先(リダイレクト先)を一元管理できる上、Webブラウザを介して誘導先URLを簡単に変更できる。設置場所での設定変更作業は不要で、フィーチャーフォン・スマートフォンに応じて誘導先URLを設定できるため、利用者に見やすいWebサイトに誘導できる。また、アクセス情報はサーバに保存され、アクセス履歴や集計情報をCSV形式でダウンロードすることもできる。

 利用方法に応じて、2つのリダイレクト方法が用意されていて、“単純サイト誘導”では、指定されたURLに誘導する。URLが一括管理できるため、運用が簡素化される。“リーダ設置場所に応じたサイト誘導”では、リーダIDなどをクエリとして指定されたURLに付加してサイト誘導することで、ユーザのサーバ側で端末IDに応じたサイトに誘導できる。

 単4乾電池×2本で約1年利用できる省電力設計を採用している(1日50タッチを想定、パナソニック社EVOLTAを使用)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 「働き方改革」のせいで“1人情シス”の仕事が増加? 悲劇を招かない方法とは 【JBサービス+他】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 どんなIT製品/サービスも「導入したら終わり」ではない。「導入後の運用をどうするか」という点も考慮すれば、おのずと選ぶべき手段は見えてくる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041167


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ