事例:VTホールディングスの連結会計システムをISIDがAWSで構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:VTホールディングスの連結会計システムをISIDがAWSで構築


掲載日:2012/09/04


News

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、VTホールディングス株式会社の連結会計システムをアマゾン ウェブ サービスクラウド(AWS)で構築したと発表した。

 VTホールディングスは、従来、自社環境で、ISIDの連結会計パッケージ「STRAVIS」を利用していた。同社にとって、連結会計は最も重要な基幹業務の1つで、BCP(事業継続計画)環境の構築は喫緊の課題だった。当初はBCP環境だけをクラウドで構築する計画だったが、システム運用負荷をトータルで抑えるには本番環境も含めたクラウド採用が有効と判断した。

 「STRAVIS on CLOUDiS」は、「STRAVIS」をクラウド環境で提供する連結会計サービス。ソフトウェア(システム)をクラウド上で稼働させられる上、システム運用の支援サービスと併せて提供することで、ユーザはインフラ運用負荷を回避でき、運用コストの削減を図れる。5月にはサービス提供基盤にAWSが加えられ、様々なニーズに対応している。

 今回、「STRAVIS on CLOUDiS」を採用したシステムが構築され、7月から本番環境がすべてAWS上に移行されるとともに、BCP環境が稼働している。これにより、VTホールディングスでは、国内外20拠点を対象にした連結会計システムの運用負荷とトータルコストを低減できたほか、経営課題だったBCP環境を構築できた。

 ISIDがシステム運用も含めてサービス提供を行なうことで、VTホールディングス側の運用体制は最小限で済み、運用コストは自社構築/自社運用管理の場合に比べ約3割低減される見込み。また、AWSは海外リージョンでのバックアップも行なえ、大規模な自然災害にも対応でき、障害発生時も短時間でリカバリできるため、強固なBCP環境を構築できた。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「電通国際情報サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

経理部門にも「働き方改革」、バックオフィス業務の効率化にERPが役立つ理由 【ミロク情報サービス】 ZeeM 会計 【クレオ】 毎月定額の請求業務を自動化、確実な代金回収まで可能になるサービスとは 【ラクーン】 資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
社内の働き方改革を推進する立場にある管理部門。その管理部門の働き方改革がなかなか進まないといった皮肉な状況が起きている。原因と解決策とは。 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 毎月定額の請求業務を自動化、確実な代金回収まで可能になるサービスとは リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041074


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ