採用:東海大学が授業支援システムの更改で「IT’s class.」導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:東海大学が授業支援システムの更改で「IT’s class.」導入


掲載日:2012/09/03


News

 日立公共システムエンジニアリング株式会社(日立GP)は、大学向け授業支援システム「IT’s class.」が総合大学学校法人・東海大学に導入されたと発表した。

 「IT’s class.」は、教材の配布、予習復習内容の提示、出席管理、提出されたレポートの管理などの管理業務をWebシステム上で行なえ、教員にかかる手間の軽減を図れ、より効果的な学習環境作りを支援するシステム。また、ディスカッション・アンケート・テストなどの機能を備え、学生の授業理解度の向上、教員とのコミュニケーション活性化をサポートする。

 ディスカッションやお知らせ機能で、授業情報の共有や予習・復習内容を提示できるほか、欠席者への授業情報フォローや、予習・復習内容を掲示できる。教員は、授業資料を簡単にアップロードでき、受講者限定で公開できるほか、学生は、授業資料をいつでも閲覧・ダウンロードできる。

 教員は、学生が提出したレポートに評価コメントを入力して返却したり、学生が過去に提出したレポートの履歴を閲覧できるほか、学生のレポート提出状況の一覧表示、CSVダウンロードも行なえる。テスト・アンケート機能では、教員は、Web上でテストを作成でき、解答時間制限の設定や自動採点を行なえるほか、アンケートの作成や回答結果の集計、CSVダウンロードも行なえる。

 様々なクライアント動作環境で利用できるほか、ニーズに合わせて必要な機能を選択できる。アクセス集中に対応できる安定性を重視したシステム設計を採用しているほか、ユーザ情報・授業・履修者などの教務情報を一括登録できる。モバイル・英語にも対応し、外国人も快適に利用できる(選択機能)。また、大学の統一認証サーバと連携することで、学内共通IDを利用できる。

 東海大学は、2011年4月、総合情報センタで全学的な授業支援システムの更改を行なった。「IT’s class.」は、授業運営の効率向上を図れる機能と、専門知識不要で直感的に使用できる操作性を備えていることで、選定された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041070


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ