dit、SSH社が開発した特権アクセス監視・監査ソリューション発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、SSH社が開発した特権アクセス監視・監査ソリューション発売


掲載日:2012/09/03


News

 株式会社ディアイティ(dit)は、フィンランド・SSH Communications Security社(SSH社)が開発した、特権アクセス監視・監査ソリューション「CryptoAuditor」を10月1日に発売する。

 「CryptoAuditor」は、情報資産を内部の脅威から保護し、関連法律や基準に容易に準拠できる上、管理者の作業負担軽減を図れる、コストパフォーマンスに優れた特権アクセス監視・監査ソリューション。特権アクセスを持つ管理者を含む全ユーザが行なう、SSH/SFTP/RDPを利用した、暗号化通信に含まれるユーザ操作、キーストローク、サーバ出力、データ転送を監査ログとして取得し、問題を検知した際にはリアルタイムにアラートを通知する。全データは暗号化されて保存され、必要に応じてテキスト検索できるほか、監査時の説明責任に利用できる包括的なレポートを作成することもできる。

 分散したネットワーク環境でも、システムやネットワーク構成の変更不要で導入できるため、短期間で導入でき、中央コンソールから一元管理できるため、管理負荷の削減を図れる。中央の管理システムに暗号化されて保管されたデータには、管理者もアクセスできないため、アクセス履歴改ざんを回避でき、監査証跡の完全性を保持できる。

 「CryptoAuditor」(10サーバサポートから)の価格は、248万円から。


出荷日・発売日 2012年10月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 【日本電気】 「ファイル暗号化」が徹底できない原因は“利用者任せ”の姿勢にあった? 【日本電気】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 「重要情報を含むファイルは保護すること」などのルールがあるのに、強制力がなく機能していないケースがある。それはなぜなのか。有効なファイル保護の具体策とは。 収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041065


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ