日本HP、Xeon E5-2600ファミリー搭載のブレード型WSなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、Xeon E5-2600ファミリー搭載のブレード型WSなどを発売


掲載日:2012/09/03


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ブレード型ワークステーション(WS)の新モデル「HP ProLiant WS460c Generation 8」(WS460c Gen8)と、HP BladeSystem用ネットワーク仮想化モジュールの新製品「HP バーチャルコネクト Flex-10/10D」を発売した。

 「WS460c Gen8」は、Xeon プロセッサ E5-2600製品ファミリーを搭載し、パフォーマンス向上が図られている。また、動作速度1600MHzのメモリを最大で512GB搭載できるほか、NVIDIA Quadro 500M/1000M/3000Mを搭載した専用のメザニン型グラフィックスカードを搭載できる。これにより、金融業のディーリングなどのマルチモニタ業務に加え、製造業の設計・解析業務などの3Dグラフィック性能ニーズに対し、ワークステーションのデータセンタ集約化を図れるとともに、ディザスタリカバリ対策やBCP(事業継続計画)への対応も図れる。

 管理システム「HP iLO マネジメントエンジン」を搭載し、システム導入時間を短縮する“HP Intelligent Provisioning”や、OSに依存しないエージェントレスの監視機能、OS動作に依存しない自動ダイアグ/ログ記録機能“HP Active Health System”などの運用・管理機能が標準で提供される。

 「HP バーチャルコネクト Flex-10/10D」は、HP BladeSystem用のインターコネクトモジュール。サーバブレード上の10Gbポートを最大4つのネットワークポートにハードウェアレベルで分割できるFlex-10テクノロジーに対応し、各ポートの帯域設定機能やID仮想化機能、1度の物理配線でLAN/SANへの結線を指定・変更できるワイヤーワンスなどの機能を備えている。これらにより、サーバ仮想化に代表される複雑なネットワーク構成に柔軟に対応できるネットワークの仮想化機能が提供される。

 外部ポート(1/10Gb SFP+)が10ポートに、クロスコネクト(10Gb)数が4ポートに拡張されたことで、600Gbのフルデュプレックス帯域幅が提供される。また、将来のファームウェアアップデートにより、FCoE/DCB(Data Center Bridging)環境にも対応する。

 価格は、「WS460c Gen8」が48万8000円、「HP バーチャルコネクト Flex-10/10D」が99万円。


出荷日・発売日 2012年8月31日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041052


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ