DNPなど、UHF帯新周波数対応の光学ディスク用RFIDタグを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNPなど、UHF帯新周波数対応の光学ディスク用RFIDタグを出荷


掲載日:2012/08/31


News

 大日本印刷株式会社(DNP)と富士通フロンテック株式会社は、CD/DVD/BD(Blu-ray Disc)などの光学ディスク向けに、国内の新周波数(920MHz)に対応した新タイプのUHF帯RFIDタグの出荷を9月末(予定)に開始する。

 今回出荷されるUHF帯RFIDタグは、従来製品に比べ通信距離が1.5倍に高性能化されていながら、価格が30%削減されている。様々な種類の光学ディスクに直接貼り付けられる上、異なる種類の光学ディスクが重なった状態でも一括して読み取れるため、管理業務の効率化を図れる。光ディスクを媒体として管理する計算機センタに加え、レンタル業、図書館、金融機関、音楽業界、映像提供会社など、様々な市場に適用できる。

 種類が異なる複数枚の光学ディスクを一括で読み取れるため、光学ディスクが棚や段ボールに保管されている状態でも、棚卸や入出荷管理を効率的に行なえる。ハンディターミナルで100枚の光学ディスクを、段ボール箱に入れたまま4秒で読み取れるため、商品点検業務や棚卸業務などを迅速・確実に行なえる。また、光学ディスクの貸出・返却業務では、自動貸出機の上にCD・DVDなどを置くだけで自動的に読み取れ、複数商品でも一括して読み取れるため、返却処理を迅速に完了できるなど、管理業務の作業負荷軽減を図れる。

 光学ディスクに直接貼り付けられるため、確実に個品管理を行なえる。個人情報を記録した光学ディスクの管理が重要な個人情報を扱う金融機関などでは、光学ディスクの貸出管理などを正確・迅速に行なうことで、セキュリティ性の向上を図れる。

 通信距離が3〜4mと長いため、保管庫や店舗などの出入り口付近に設置したゲートアンテナで未登録媒体の不正持ち出しや盗難検知を容易に行なえる。また、UHF帯RFIDに対応したラベルプリンタでEPCコードの書込みや、バーコード・文字などの印刷を行なえるため、ラベル発行作業を容易に行なえる。

 価格は、100万枚ロットで28円。


出荷日・発売日 −−−
価格 100万枚ロット:28円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
巧妙化する標的型攻撃への対策は、侵入を前提とした「多層防御」が鍵となる 会社内部から高度なサイバー攻撃が行われた場合、防ぐ手だてはあるのか? クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041041


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ