AXSEED、MDMに“Google GCM”など2つのIPプッシュ方式を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AXSEED、MDMに“Google GCM”など2つのIPプッシュ方式を追加


掲載日:2012/08/31


News

 株式会社AXSEEDは、モバイル端末管理(MDM:Mobile Device Management)システム「SPPM2.0」に、“Google GCM”と、同社が開発したIPプッシュ方式の2つのIPプッシュ方式を追加する。

 「SPPM2.0」は、“緊急指示パターン”を備えた、Android/iOS端末に対応したマルチOS対応のMDMで、両OSのモバイル端末を混在一括管理できる。

 今回、Google社から発表された“Google GCM”に対応し、「SPPM」の基本機能として、9月中旬(予定)に提供を開始する。

 また、同社が開発した、Google社の通信方式に非依存のIPプッシュ方式にも対応する。Google社のサーバへのアクセスが不要なので、完全閉域網での端末管理を行なえるほか、Google Play非対応端末を含むAndroid端末の管理で環境構築を図れる。オプション機能として、10月中旬に提供を開始する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

タブレット教育向けMDMサービス 「MobiConnect for Education」 【ソフトバンク コマース&サービス】 MobiControl 【ソフトバンク コマース&サービス】 スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】 MobiConnect for Business 【ソフトバンク コマース&サービス】 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 【ヴイエムウェア+他】
MDM MDM MDM MDM MDM
タブレット教育に特化したスマートデバイス管理サービス。端末管理に必要な遠隔制御やアプリ配信機能の他、教育現場に求められる柔軟な管理を可能とする機能を豊富に提供。 ハンディターミナルを含むマルチOSに対応し、セキュリティの確保と業務端末運用の効率化を実現するMDM(モバイルデバイス管理)。 スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。 遠隔地からのロック、ワイプ、データ削除などにより、スマートデバイス紛失時における第三者の不正利用やデータ漏えいのリスクを軽減。 働き方が多様化すると、情シスの工数が増加――アプリや端末の管理手法が変化

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041038


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ