TID、マルチOS対応のアーカイブストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TID、マルチOS対応のアーカイブストレージを発売


掲載日:2012/08/31


News

 株式会社ティ・アイ・ディは、障害発生率を低減した厳選HDDを搭載したストレージ「MassCareRAID」シリーズで、アーカイブ専用ストレージ「MassCareRAID ADA」を9月3日に発売する。

 「MassCareRAID ADA」では、Windows/Mac OS/Linux/UNIXなどの各種OSや、Apple XsanやQuantum Stor Next File Systemを用いた専用ファイルシステムのほか、Isilon/NetApp/BlueArcといったストレージ装置からもアーカイブを行なえる。

 “前回のアクセスから1年以上経過している”“作成したまま1度も使われていない”といった使用頻度や重要度の低いデータをアーカイブすることで、プライマリストレージの利用効率を向上できる。また、アーカイブデータはファイルレベルで重複排除されるため、アーカイブディスクの不要な増加を抑えられる。

 価格は、最小構成で469万8000円からで、導入作業費用や初年度含む保守費用(3年/5年パックを用意)が別途必要になる。


出荷日・発売日 2012年9月3日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「SAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

「SAN」関連の製品

Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言 【東京エレクトロン デバイス+他】 フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 【日本ヒューレット・パッカード】 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? 【日本ヒューレット・パッカード】
SAN SAN SAN
Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。 フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041033


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ