東陽テクニカ、仮想環境ネットワークモニタリングソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東陽テクニカ、仮想環境ネットワークモニタリングソフトを発売


掲載日:2012/08/31


News

 株式会社東陽テクニカは、仮想環境(クラウド環境)のトラブル個所特定を迅速化できるネットワークモニタリングソリューションとして、米国Fluke Networks社のソフトウェア「OmniPoint Element」(OPE)を発売した。

 「OPE」は、仮想サーバや既存のハードウェアにインストールすることで、サーバ内部のトラフィックやレスポンスタイムなどに加え、WANのトラフィックもモニタリングできる。また、バーストトラフィックや、アプリケーションごとのレスポンスタイム、音声品質を可視化できる。

 エージェントソフトウェアと、データを閲覧するためのマネージャソフトウェアから構成されている(別途、Fluke Network社製の統合管理サーバが必要)。エージェントソフトウェアはESXi 4.1以上のサーバ、Riverbed、Cisco社SREなどの上で動作するため、専用のハードウェアが不要。

 ネットワーク上の可視化したい個所にインストールしておけば、ネットワークの問題の切り分けにかかる時間を短縮できる上、問題が発生する前の検知や、回線増強をするかどうかの判断、音声品質が悪くなった場合の原因追究(パケットロス/ジッターなど)、レスポンスが悪くなった場合のサーバレスポンスタイムの把握、ネットワーク回線の圧迫度の把握などが可能になる。また、トラブルシューティングをする際にマネージャソフトウェアから必要な部分のパケットをリモートで収集できるため、ネットワークアナライザなどを別途設置する手間なども省ける。

 NetFlowを出力できるため、既存のNetFlow Collector(NetFlowを分析するネットワーク監視装置)と組み合わせて使用することもできる。


出荷日・発売日 2012年8月29日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 【NetMotion Software】 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 【ジュニパーネットワークス株式会社】 「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ? 【ネットワールド】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 【ネットワールド】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 Junosはクラウド時代のネットワークエンジニアのための、新たな必修科目だ 「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ? iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041025


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ