ヴイエムウェア、中堅・中小企業向け製品に管理自動化機能等装備

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴイエムウェア、中堅・中小企業向け製品に管理自動化機能等装備


掲載日:2012/08/30


News

 ヴイエムウェア株式会社は、中堅・中小企業のIT環境の簡素化と保護を図れ、仮想化・ビジネス継続性・管理自動化の機能を備えた新しい「VMware vSphere 5.1」ソリューションを発表した。

 「VMware vSphere」は、信頼性が高く、広く普及している仮想化プラットフォーム。今回の「VMware vSphere 5.1」は100以上の機能強化と、効率性向上が図られ、IT運用コストの30%削減を図れ、アプリケーションのサービス レベルを保証する新しい機能を備えている。

 「VMware vSphere 5.1 Essentials Plus」は、機能が強化され、簡素化されたパッケージで高度な仮想化を構築できる。「VMware vSphere Storage Appliance 5.1」が搭載され、低コストで高い可用性が提供される。「VMware vSphere Data Protection」では、信頼性の高い仮想マシン バックアップとリカバリを行なえるほか、「VMware vSphere Replication」では、様々なアプリケーションの災害復旧の簡素化を図れる。また、「VMware vShield Endpoint」では、より安全性の高い仮想マシンを構築できる。

 「VMware vSphere 5.1 Standard with Operations Management」は、IT管理の簡素化と自動化を支援するための、VMware vSphereの新エディションで、IT管理の簡素化や運用コストの削減を図れる機能が組み合わせられている。「VMware vCenter Operations Management Suite」は、ビジネス クリティカルなアプリケーションのパフォーマンスをあらかじめ確保できるようサポートするほか、「VMware vCenter Protect」は、一元化されたパッチ管理とアセット管理機能を提供し、仮想システムと従来の物理システムの保護を図れる。

 中堅・中小企業に特化したクラウドベースの仮想化とIT管理ソリューション「VMware Go Pro」は、導入の簡素化を図れ、IT管理の自動化を図れる。2013年第1四半期に日本語環境がサポートされる予定。

 なお、「VMware vSphere 5.1」と「VMware vSphere Storage Appliance 5.1」は、9月12日(予定)に出荷される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他仮想化関連」関連の製品

アプリケーション仮想化ツール Spoon 【双日システムズ】
その他仮想化関連
アプリケーションを改修することなくOSの移行やIEのサポート切れに低コストで対応できるアプリケーション仮想化ソリューション。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20041016


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ