CA Technologies、統合ID管理の新版で構成管理などをGUIで可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA Technologies、統合ID管理の新版で構成管理などをGUIで可能に


掲載日:2012/08/29


News

 CA Technologiesは、統合アイデンティティ管理ソリューションの新版「CA IdentityMinder(旧製品名CA Identity Manager)r12.6」の出荷を開始した。

 今回の新版では、ユーザ企業に必要なビジネスポリシー/ロジックの定義を、WebGUIを用いてコーディング不要で行なえる。例えば“ユーザ作成”のタイミングで、属性“姓(ローマ字)”“名(ローマ字)”の値を取得し、社内で固有の“メールアドレス”を自動生成できるほか、“ユーザ作成”または“ユーザ変更”のタイミングで“入社日”を取得し、その値が現在よりも未来の日付ならば、伝搬先のシステムにアカウントを作成しないなど、複雑なロジック処理を容易に構築できる。

 GUIからの操作で構成管理を簡単に実施できるため、オブジェクト単位の管理や環境間の移行を簡単に行なえる。また、CA SiteMinderで提供されているパスワード設定機能が標準で提供されるため、より強固なパスワードを利用でき、不正アクセスの防止やコンプライアンス対応の強化を図れる。

 CA IAM CS(旧Java Connector Server)をリスタートせずに、新しいコネクタを展開できるようになった。コンポーネントの追加/削除/変更や、コネクタ自身の導入/アンインストール/アップグレードを、CA IAM CSのリスタート不要で行なえる。また、暗号化アルゴリズム“SHA-2”を用いたSSL証明書を利用できるようになった。

 価格は導入環境によって変動し、参考価格は1000ユーザの場合で576万円から。


出荷日・発売日 2012年8月27日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】 プロビジョニング管理システム「D-PLAMS」 【ディライトテクノロジー】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】 特権ID管理 CA Privileged Identity Manager 【アシスト】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる アカウント管理のニーズに柔軟に応えるID管理パッケージ。データのコード体系を選ばず、ほぼすべてのシステムと連携できる。オンプレミスまたはクラウドサービスで提供。 複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。 「OSでは満たせないあらゆるイベントのアクセス制御」と「特権/共有アカウントのパスワード貸出制御」を実現できる特権ID管理製品。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040976


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ