インターコム、リモートサポートソフト新版で複数接続などに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インターコム、リモートサポートソフト新版で複数接続などに対応


掲載日:2012/08/28


News

 株式会社インターコムは、サポートセンタのPCから顧客のPC画面を共有し、直接顧客の画面を遠隔操作してアプリケーションやPC上のトラブルなど問題解決を図れるクラウド型のリモートサポートソフト「LAPLINK ヘルプデスク」の新バージョンの提供を9月3日に開始する。

 今回の新バージョンでは、サポートスタッフから複数の顧客へ同時に接続できるようになった。接続中の顧客のPCで、ソフトのダウンロードなど、時間がかかる作業を行なっている間、その接続状態を維持しながら別の顧客のリモートサポートを開始できる。また、企業利用のPCなどで、ソフトのインストール権限がないPCからサポートの問い合わせがあった際でも、PCの設定変更などを行なわずにソフトをインストールし、すぐにリモートサポートを開始できる(管理者権限の端末に比べ一部機能の制限がある)。

 顧客が複数のモニタを使用している場合でも、そのすべての画面を共有し、サポートスタッフ側PC画面に表示させられる。また、ファイルを転送する際、顧客がファイルごとに転送を許諾できるようになったため、転送されたくないファイルの送信を防止でき、きめ細かいサポートが可能になる。

 管理ツールの使用者に対し、サポートセンタプログラムの設定操作を禁止できるため、設定を変更する人を限定することで、社内サポートシステムの運用設定を統一・管理でき、安定したサービスの提供を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サービスデスク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サービスデスク」関連情報をランダムに表示しています。

「サービスデスク」関連の製品

テクノマーククラウド+ 【ソフトバンク】 変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法 【ユニリタ】 問い合わせ対応で新規顧客創出、「チャット」だと潜在層に接触できるのはなぜ? 【ラクス】 Senju Service Manager 【野村総合研究所】 AI-Q 【ソフトバンク】
サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク
AI導入で問い合わせ対応はどう変わる? メール殺到でも迅速に回答できる理由 変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法 問い合わせ対応で新規顧客創出、「チャット」だと潜在層に接触できるのはなぜ? ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。 チャットボットが即回答、年中無休の「社内問い合わせ対応」システムの実力は?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040954


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ