パナソニック、操作性向上した日本語・英語活字カラーOCRを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック、操作性向上した日本語・英語活字カラーOCRを発売


掲載日:2012/08/27


News

 パナソニックは、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社が開発した、日本語・英語活字カラーOCRソフトの新バージョン「読取革命Ver.15」を9月21日に発売する。

 「読取革命」は、高精度のOCRエンジンを搭載し、紙文書やPDFファイルを、編集可能な電子データに変換するソフトウェア。今回の新バージョンでは、分かりやすい表示と理解しやすい操作方法で簡単に使えるように操作性が向上されているほか、様々なタイプの文書に対応するために、日本語の認識対象範囲が拡大された。また、スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスでのファイル活用を想定した新機能を搭載し、利用シーンの拡大を図っている。

 必要最低限の機能に絞った“かんたんモード”を搭載していて、シンプルな操作画面で、初めてでもガイドに従うことですぐに使用できる。また、アイコンデザインが刷新され、“標準モード”でも直観的な操作を行なえる。また、従来は、一部の第二水準漢字(512文字)までが認識対象だったが、今回、すべての第二水準漢字(3388文字)を認識できるようになった。

 モバイルデバイスでの利用を想定し、PDF変換機能が強化され、スマートフォンや電子書籍リーダなどでも、原稿画像の余分な空白を自動除去することで、文字を大きく表示でき、読みやすくなる。また、同ソフトで作成した電子データを、Evernote Corporationがインターネット上で提供するファイル管理サービスに登録できる。

 右クリックで表示されるコンテキストメニューからダイレクトにPDFファイルに変換できる「簡単!PDF変換」に加え、画面キャプチャした画像をそのまま文字認識し、編集可能な文字データに変換する「クリップボードOCR」などのツールが多数搭載されている。また、「読取革命」製品版の機能限定版「読取革命Lite for Mac」が同梱され、Mac OS Xでも文字認識機能を利用できる。

 製品版の価格は1万2800円(税込)。法人企業向けのライセンス版(5/10/25クライアント用)なども用意されている。


出荷日・発売日 2012年9月21日 発売
価格 製品版:1万2800円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040936


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ