日立、ディスクアレイをSSDで高速化できるソフトウェアを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、ディスクアレイをSSDで高速化できるソフトウェアを提供


掲載日:2012/08/27


News

 株式会社日立製作所は、企業の大規模システムやデータセンタなどでの利用に適したディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」(VSP)に、SSD(ソリッドステートドライブ)を活用してデータ処理を高速化する「Flash acceleration」を追加し、提供を開始した。価格は1334万9700円(税込)。

 「Flash acceleration」は、「VSP」のコントローラ(データ処理の制御・運用を司る部分)を、SSDを活用したデータ処理に適した形に強化するソフトウェア。100万IOPS以上の速度でデータを読み込めるようになるため、大量データ(ビッグデータ)を扱うDBや基幹業務システムなどのデータ処理を高速化できる。これにより、業務の迅速化を支援するほか、日々発生するデータの処理や分析、分析結果の事業への反映などのプロセスを迅速化できる。

 データ処理性能の向上を、プロセッサなどの追加不要で省電力・省スペースに行なえるため、電力や機器設置コストなどストレージシステムのTCO(Total Cost of Ownership)を低減できる。既に導入されている「VSP」に追加して利用することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1334万9700円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040930


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ