キヤノン、大判インクジェットプリンタで12色/8色モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、大判インクジェットプリンタで12色/8色モデルを発売


掲載日:2012/08/23


News

 キヤノンは、大判インクジェットプリンタ「imagePROGRAF」シリーズの新製品で、12色モデル「iPF9400」など4機種と、8色モデル「iPF9400S」1機種の計5機種を、8月下旬から順次発売する。

 今回の新製品は、高画質と優れた色安定性、高生産性を備えた、グラフィックアート市場向けのモデル。プロの高画質写真や高精細なプルーフ(色校正)、商業ポスターの出力など、様々なニーズに対応する。

 60インチ(紙幅1524mm)対応の「iPF9400/iPF9400S」は、鮮やかな色再現と黒品位に優れた顔料インク“LUCIA EX”を採用している。全モデルが新開発のカラー濃度センサを採用しているほか、色のばらつきを補正する“カラーキャリブレーション機能”が強化され、安定した色再現を図れ、複数のモデルを使用して連続で大量印刷や繰り返し印刷を行なう大手印刷業や出力センタなどで、作業効率や信頼性の向上を図れる。

 A1ノビ対応の「iPF6450/iPF6400」では、従来の130mLに加え、約2.3倍の大容量300mLインクタンクが用意され、上位モデルで採用されているサブインクタンクシステムを搭載したことで、印刷中にインクタンク交換を行なえる。また、印刷プロセスを最適化することで、12色モデル「iPF8400/iPF6450/iPF6400」では、最高画質モードの印刷スピードがA1サイズ約10分10秒に高速化されている。これらにより、印刷を停止する時間とインクコストの低減を図りながら、高速化も図ることで、全モデルで大量印刷に対応する高い生産性を達成している。

 価格は、「iPF9400」が199万8000円、「iPF9400S」が189万8000円、「iPF8400」が69万8000円、「iPF6450」が40万8000円、「iPF6400」が32万8000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040897


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ