NTT Com、低遅延光海底ケーブル運用と専用線サービス提供を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、低遅延光海底ケーブル運用と専用線サービス提供を開始


掲載日:2012/08/10


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、マレーシア・Telekom Malaysia、フィリピン・PLDT、シンガポール・StarHubと共同で建設を進めてきた、アジア主要都市を結ぶ高信頼・低遅延の大容量光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express」(ASE)の運用を8月20日に開始する。その第1弾として、ASEの低遅延性を活用して、シンガポール-日本間を低遅延で結ぶグローバル専用線サービスの提供を8月20日に開始する。

 「ASE」は、台湾南沖バシー海峡付近でのケーブル故障回避を考慮し、日本からシンガポール間のケーブル敷設距離を最短ルートで設計した、より信頼性の高い低遅延の光海底ケーブル。東京〜シンガポール間の遅延値は64ミリ秒台で、既存の海底ケーブルを利用するルートに比べ約3ミリ秒以上の短縮を達成している。

 「Arcstarグローバル専用サービス」では、ASEを活用した遅延値の低いルートが追加され、日本〜シンガポール間で低遅延を達成しているほか、日米間を結ぶ光海底ケーブル“PC-1”経由で低遅延を達成した東京と、“CME”が所在するシカゴを結ぶルートなどと組み合わせることで、アジアと米国の複数の都市間で高品質の専用サービスを提供でき、迅速な売買指示や情報取得を求める金融商品の高頻度取引など、金融機関のユーザにも適している。

 グローバルに展開する企業向けデータ通信サービス「Arcstar Universal One」のバックボーンにASEが追加され、台湾南沖でのケーブル故障リスクの軽減が図られる予定になっているほか、アジア、アメリカ、欧州などを高帯域なバックボーンでカバーし、グローバルTier1プロバイダとして世界の主要ISPやコンテンツ事業者と直接接続しているNTT ComのグローバルIPネットワークに、8月中にASEがバックボーン回線として追加される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ISDN/専用線」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ISDN/専用線」関連情報をランダムに表示しています。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040795


IT・IT製品TOP > 通信サービス > ISDN/専用線 > ISDN/専用線のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ