キヤノンとオセ、モノクロプロダクションプリンタ3機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンとオセ、モノクロプロダクションプリンタ3機種を発売


掲載日:2012/08/10


News

 キヤノンとオセは、モノクロプロダクションプリンタ「Oce VarioPrint」シリーズの新製品で、CRD(集中コピー室)市場など高速モノクロ大量印刷のニーズに対応する「Oce VarioPrint 135/120/110」の3機種を10月下旬に発売する。

 「Oce VarioPrint 135/120/110」は、オセの新規開発エンジンに、キヤノンの高性能フィニッシャーとスキャナを組み合わせた共同開発製品。オセの新規開発エンジンを搭載したことで、「Oce VarioPrint 135」は毎分138ページ、「Oce VarioPrint 120」は同123ページ、「Oce VarioPrint 110」は同113ページ(いずれもA4両面)を出力できる。

 転写・定着を同時に行なう“DirectPress”技術を搭載し、オフセット印刷に迫る高精細な印刷を行なえるほか、低温融点トナーを採用し、定着時の熱で起こりがちな用紙の波打ちを軽減している。優れた本体性能とキヤノンの高性能フィニッシャー、スキャナを組み合わせることで、様々な高品位の印刷物を提供できる。

 オセ製のコントローラ「PRISMAsync」を搭載し、操作パネルから最大8時間先までの印刷予定を確認できるほか、簡単なパネル操作で部数・印刷順を変更できるため、急な印刷依頼にもスムーズに対応できる。また、状態表示灯の色で離れた場所からも動作状況が把握できるため、用紙の補充や取り出し、トナー補給を計画的に行なえ、印刷オペレーターの作業効率向上を図れる。大きく見やすい15インチ・フルカラー大型液晶TFTタッチパネルを採用している。

 用紙温度をリアルタイムに測定しながら印刷スピードを変更させる“EnergyLogic”技術を搭載し、複数種類の用紙を混載したジョブ実行時の生産性向上を図れる。また、定着後の用紙が持っている熱をプレヒート機構に再利用する“HeatXchange”技術を搭載し、「Oce VarioPrint 135」ではTEC値23.6kwhを達成している。

 価格は、「Oce VarioPrint 135」が800万円、「Oce VarioPrint 120」が700万円、「Oce VarioPrint 110」が600万円。


出荷日・発売日 2012年10月下旬 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040776


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ