TSOL、100万IOPSを達成した3uフラッシュアレイストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TSOL、100万IOPSを達成した3uフラッシュアレイストレージを発売


掲載日:2012/08/09


News

 東芝ソリューション株式会社(TSOL)は、東芝製NANDフラッシュメモリを記憶媒体に用い、RAID技術で信頼性を高めた、米国Violin Memory社製の外付けフラッシュアレイストレージ「Violin 6000」シリーズを発売した。

 「Violin 6000」シリーズでは、物理容量16TB/実効容量7.8TBの「モデル6616」と、同32TB/20.8TBの「モデル6232」の2モデルが用意されている。PCI Express(PCIe)でサーバと直接接続することで高速にデータを転送できるほか、Fibre Channel(FC)接続も可能で、従来のディスクストレージに代わる共有ディスクとして活用することもできる。

 ラックマウント可能な3u(1u=高さ44.45mm)サイズの筐体で、100万IOPSという高性能を達成している(「モデル6616」、PCIe接続の場合。Violin Memory社による公表値)。フラッシュメモリを使用するため、ディスクドライブに比べ省電力性にも優れている。また、コントローラ/電源/ファンなどの主要モジュールが2重化され、冗長性が確保されている。

 DBやBI(Business Intelligence)の高速化、仮想化/サーバ統合でのスケーラビリティ向上、クラウドサービスでのレスポンスの向上などに適している。

 価格は、「モデル6616」(16TB、PCIe 4ポート)が7130万5500円(税込)から。


出荷日・発売日 2012年8月8日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040759


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ