ソニー、HD/SD映像を同時伝送できるネットワークカメラなど発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー、HD/SD映像を同時伝送できるネットワークカメラなど発売


掲載日:2012/08/07


News

 ソニーは、デジタルHD映像とアナログSD映像を1つの同軸ケーブル上で同時に伝送できる、ネットワークカメラの新規カテゴリ「IPELA HYBRID(イペラハイブリッド)」シリーズの製品群を9月20日に発売する。

 今回、CSマウント対応のスタンダードなボックス型カメラ「SNC-ZB550」、天井埋め込みが可能なドーム型カメラ「SNC-ZM550」、光学28倍ズームを搭載した340度旋回型カメラ「SNC-ZP550」、光学28倍ズームを搭載した360度エンドレス旋回型カメラ「SNC-ZR550」のハイブリッドカメラ4機種と、専用の4チャンネルレシーバー「SNCA-ZX104」が発売される。

 ハイブリッドカメラ4機種は、カメラ本体に直接接続された同軸ケーブルを介し、IPを利用してデジタルHD映像を送信できるほか、同じ同軸ケーブル上にアナログ映像信号(NTSC)も同時に送信できる。720pの映像出力に対応し、1280×720ドット(16:9)のHD映像を毎秒30フレームで出力できるほか、映像圧縮方式はJPEG、MPEG-4、H.264の3方式に対応し、ネットワーク帯域を抑えて高画質な映像を伝送できる。全機種が高速な信号読み出しと低ノイズ化を達成した“Exmor”CMOSイメージセンサを搭載している。また、ネットワーク接続をLANモードに設定することで、レシーバーを使わずに一般的なネットワークカメラとしても使用できる。

 カメラ妨害検知機能を搭載している。また、「SNC-ZB550」「SNC-ZM550」は、設置時のフォーカス調整をアシストする“Easy Focus”機能を搭載しているほか、「SNC-ZM550」は、設置時にズーム倍率を変更し画角調整をアシストする“Easy Zoom”機能を搭載している。ネットワークカメラとして“ONVIF”に対応する。

 「SNCA-ZX104」は、ハイブリッドカメラから伝送された映像信号を同軸ケーブル経由で受信する専用レシーバー。カメラ映像入力端子(SLOC入力端子)を4入力装備し、1台のレシーバーに最大4台のカメラを接続できる。4チャンネルのアナログ映像出力端子と1つのイーサネットポートを装備し、アナログ映像信号はそれぞれ各チャンネルのアナログ映像出力端子に、IPを利用した映像信号はイーサネット上に送信できる。


出荷日・発売日 2012年9月20日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040734


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ