ATENジャパン、IP-KVMスイッチ機能つきコンソールドロワーを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ATENジャパン、IP-KVMスイッチ機能つきコンソールドロワーを出荷


掲載日:2012/08/07


News

 ATENジャパン株式会社は、コンソールドロワーとIP-KVMスイッチの機能を備えた、マルチOS・マルチインターフェース対応のIP-KVMドロワー4機種の出荷を開始した。

 今回出荷開始されたのは、17インチLCDを搭載した8/16ポートモデル「KL1508AiM」「KL1516AiM」と、19インチLCDを搭載した8/16ポートモデル「KL1508AiN」「KL1516AiN」の計4機種。

 コンソール(キーボード/LCDモニタ/タッチパッド)と8/16ポートIP-KVMスイッチの機能が1u(高さ44.45mm)サイズの筐体に収められ、システムラックにマウントできる。接続されたコンピュータをローカルで直接操作できるだけでなく、TCP/IPネットワーク経由でのリモートアクセスも可能。

 本体上部のLCDパネルと下部のキーボード・タッチパッドモジュールを別々にスライドできるため、モニタリングだけを続けたい場合は下部モジュールをラックに納めたままLCDパネルだけを使うこともできる。

 製品とサーバの接続には、インターフェースに応じた「コンピューターモジュール」と呼ばれるデバイスと、カテゴリ5e/6ケーブルを使用する。マルチプラットフォームの環境でもコンソールを集約でき、配線作業を簡単に行なえる。

 “パネルアレイモード”(リモートコンソールのみ)を起動することで、製品配下にある複数のサーバのコンソール画面を同時に表示できる。管理サーバの状態を容易に把握できるため、イベント発生時に迅速な対応を図れる。


出荷日・発売日 2012年8月3日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040727


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ