NEC、Oracle Exadata向けに、1次保守とSI支援のサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、Oracle Exadata向けに、1次保守とSI支援のサービスを提供


掲載日:2012/08/06


News

 日本電気株式会社(NEC)は、オラクル製DBマシン「Oracle Exadata」向けに、NECのサポートサービス体制を活用し、「Oracle Exadata」を利用するための1次保守サービス、「Oracle Exadata」の導入・構築を迅速化するSI支援サービスの提供を開始した。また、NEC製運用管理ソフトウェアなどと組み合わせて、Oracle Databaseの統合・共通基盤化を検討するユーザ向けに、「Oracle Database統合インフラ向けソリューション」の開発・販売も強化する。

 Oracle製品を使用した約1万3000のシステムに1次保守サービスを提供してきた「NEC Oracleレスポンスセンター(NEORC)」が「Oracle Exadata」の一元窓口になり、NECフィールディングのハードウェアサポート網と連携し、「Oracle Exadata」の導入から1次保守サポートまでワンストップで提供することで、「Oracle Exadata」を使用したシステムを、従来からのNECのシステム環境とともに利用できる。

 「Oracle Exadata」向けSI支援サービスでは、「Oracle Exadata」の初期セットアップサービスから本番システム向けDatabaseの作成を行なうカスタムDB作成サービスまでが提供されることで、システム本格稼働までの時間を短縮しながら確実な構築を図れる。また、Oracle Databaseのノウハウを基に、効果的な導入・構築・運用を支援するプロフェッショナル・サービス(導入・構築・運用支援サービス)が提供される。

 SI支援サービスでは、初期セットアップサービスとして、ハードウェア現調/ソフトウェア・インストレーションサービス(必須)とカスタムDB作成サービスが提供されるほか、導入・構築支援サービスとして、Exadata固有設計/構築サービスとバックアップ環境構築サービス、DB移行サービス、監視環境構築サービスが、運用支援サービスとしてパフォーマンス診断サービスとパッチ適用代行サービスが提供される。

 このほか、「Oracle Exadata」とNEC製の運用管理ソフトウェアやバックアップソリューションなどを組み合わせた「Oracle Database統合インフラ向けソリューション」が提供される。例えば、「WebSAM Application Navigator」と連携した統合イベント管理、「WebSAM JobCenter」と連携した「Oracle Exadata」上でのジョブ管理、「iStorageHS」と連携した効率的なバックアップなど、DB統合と運用統合を行なうことで、運用管理の効率化やITコストの削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

非構造化データ急増時代のデータストアの要件とは? 【インターシステムズジャパン】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 新旧さまざまな課題を解消するデータベース移行術を解説する。 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 意識調査:Oracleユーザーは「DBクラウド」をどう見ているか? 【日本オラクル】 特設サイト:SQL Server 2005延長サーポート 【日本マイクロソフト】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
非構造化データはどんなデータベースで扱えば良いのか? 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 DB運用で「低コスト・高パフォーマンス」を諦めてはいけないのはなぜか? 意識調査:Oracleユーザーは「DBクラウド」をどう見ているか? 手間をかけない!損をしない!SQL Serverアップグレードのススメ

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040715


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ