日立、Xeon E5-4600採用の拡張性に優れたサーバブレードを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、Xeon E5-4600採用の拡張性に優れたサーバブレードを出荷


掲載日:2012/08/02


News

 株式会社日立製作所(日立)は、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」で、サーバの仮想化やクラウドのシステム基盤に適したブレードサーバ「BS500」のラインアップに、XeonプロセッサE5-4600製品ファミリーを採用し、高性能で拡張性に優れた「BS540Aサーバブレード」を追加し、9月14日に出荷を開始する。価格は136万7000円から。

 「BS540Aサーバブレード」は、最大4プロセッサを搭載できる、「BS500」の上位モデルのサーバブレード。XeonプロセッサE5-4600製品ファミリーを採用し、優れた処理性能を備えられるほか、大容量メモリの搭載や、柔軟で広帯域なI/O構成に対応するなど、サーバの仮想化やクラウドのシステム基盤に適していて、高効率・高信頼なシステムの柔軟で容易な構築・運用を支援する。

 XeonプロセッサE5-4600製品ファミリーを採用したことで、1サーバブレードあたりのコア数を最大32コアまで拡張でき、優れた処理性能を備えられる。2スロット幅のサーバブレードで、「BS500」のサーバシャーシに最大4台搭載でき、1スロット幅の「BS520Hサーバブレード」や「BS520Aサーバブレード」などと組み合わせることで、サーバの物理的な集積度や、処理性能、ストレージ容量などのバランスを柔軟に設定してシステム基盤を構築できる。

 メモリスロットを48スロット装備し、最大1TBのメモリ容量を備えられ、仮想化の集約度向上を図れる。拡張カードスロットも4スロットを装備していて、10Gbps 4ポート コンバージドネットワーク拡張カードなど、様々なネットワーク技術に対応した拡張カードを用途に合わせて搭載でき、クラウドのシステム基盤に求められる、柔軟で広帯域なI/O構成を構築できる。


出荷日・発売日 2012年9月14日 出荷
価格 136万7000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040682


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ