F5、IPアドレスの信頼性を評価するセキュリティ機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


F5、IPアドレスの信頼性を評価するセキュリティ機能を強化


掲載日:2012/08/02


News

 F5ネットワークスジャパン株式会社(F5)は、IPレイヤのセキュリティ機能を強化した「IPインテリジェンス・サービス」を発表した。

 「IPインテリジェンス・サービス」は、BIG-IPの機能の一部として提供され、クラウドを通じたセキュリティ情報と包括的なBIG-IPプラットフォームをシームレスに統合することで、悪意のあるIPアドレスを検知/特定して、ブロックする機能。BIG-IPを通じた包括的なセキュリティ・ソリューションとの相乗効果で、アプリケーション配信インフラ全体を脅威から保護できるほか、BIG-IPの統合プラットフォーム上に様々なサービスや機能を集約できるため、セキュリティにかかるコストの削減を図れる。

 外部脅威に対する防御能力が強化され、インターネットホストをインテリジェントに評価し、データの盗難や情報資産の漏洩、事業停止の原因になる攻撃の防止を図れる。マルウェアへの感染、マルウェア配布ポイントへのアクセス履歴など、リスクを含むIPアドレスへのアクセスを制限できる上、マルウェアやウイルスなどを配布する可能性のあるアクティブなIPアドレスへのアクセスを拒否する。また、クロスサイトスクリプティング、SQLインジェクションなど一般的なWeb攻撃に対する防御もサポートする。

 脅威になるIPアドレスからのアクセスをブロックするために、リアルタイムに収集されるIP関連の様々な脅威情報/データがクラウド経由で適用される。アウトバウンドのトラフィックに関する機能が強化され、悪意のあるIPアドレスとのインバウンド/アウトバウンド双方のトラフィックを可視化できるため、IT担当者は自社インフラの防御を図るため、より効果的なセキュリティ・ポリシーを策定できる。

 ITインフラ全体の効率化と構成設定作業の自動化が行なわれ、管理者の負担軽減を図れる。クラウドに蓄積される世界中の脅威に関するデータや情報は5分ごとに更新され、BIG-IPに反映されるため、脅威との接触の最小化を図れ、データ漏洩などを防止することで、企業の信頼性の保護を図れる。自動更新機能は、BIG-IP上で簡単に設定/適用でき、アプリケーション配信環境全体で、利便性の高いセキュリティ管理を構築できる。また、iRulesを利用することで、特定のトラフィックやリクエストに対するポリシーを管理するための追加コマンドを、BIG-IP上で簡単に展開できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IDS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IDS」関連情報をランダムに表示しています。

「IDS」関連の製品

脅威検出/分析プラットフォーム RSA Security Analytics 【EMCジャパン】
IDS
従来の分析ソースであるログ情報に加えパケット情報と脅威インテリジェンスを統合し、従来は発見困難だった脅威も迅速な検出を可能にする脅威検出/分析プラットフォーム。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040680


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IDS > IDSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ