メディアドライブ、スマホ用アプリ等搭載した名刺管理の新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


メディアドライブ、スマホ用アプリ等搭載した名刺管理の新版発売


掲載日:2012/07/27


News

 メディアドライブ株式会社は、スマートフォン用名刺管理アプリと同期機能を搭載したPC用名刺管理ソフトウェア「やさしく名刺ファイリング PRO v.12.0」シリーズを9月14日(予定)に発売する。

 「やさしく名刺ファイリング PRO v.12.0」は、専用のスキャナや複合機などから名刺を取り込み、名刺に記載されている氏名・社名・住所・メールアドレスなどを文字認識(OCR)することでテキストデータに変換し、DBで名刺情報を管理・検索・活用できる名刺管理ソフトウェア。

 今回の新バージョンでは、認識エンジンの性能が強化され、名刺の登録作業に掛かる時間と負担の軽減を図っている。日本語認識エンジンは、認識後の結果を各フィールドに振り分ける処理の精度向上と、斜体で記載された英字(URL/メール)の認識改良が行なわれたほか、振り仮名の認識機能が新規に搭載された。英語認識エンジンは、斜体で記載された英字(URL/メール)の認識に加え、アルファベットで記載された日本語住所の認識・振り分けに対応した。アジア言語の認識エンジンは、新たに韓国語の名刺認識エンジンを搭載した。

 PCとスマートフォンとの連携機能が強化され、PC上で管理しているDBの情報を、Gmail連絡先を経由してスマートフォンの「やさしく名刺ファイリング Mobile LE」と同期させられる。また、専用スキャナからの名刺の両面取り込みと名刺裏面の認識機能、名刺画像の周辺に発生する黒枠ノイズの削除機能、カメラで撮影した名刺画像のトリミング性能強化や色彩補正機能、セールスフォース・ドットコム社の営業支援・顧客管理CRMアプリケーション「Sales Cloud」への名刺データ転送機能なども強化されている。

 PCとスマートフォンとの連携強化が行なわれたことで、会社ではPC、外出先ではスマートフォン、どちらからも名刺を登録できるほか、同期できるため、外出先からいつでも最新の名刺にアクセスでき、複数の端末(マルチデバイス)で名刺DBを共通利用できる。

 DBは、Unicode文字の多言語表示に対応したほか、旧バージョンで使用していたDBも、変換せずにそのまま使用できる。また、対応NASに、「HDL-Z2WSA/HDL-Z4WSA」シリーズ(アイ・オー・データ機器社)、「TS5200D」シリーズ(バッファロー社)が追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040581


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ