I-Oデータ、Windows Storage Server 2008 R2搭載NASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、Windows Storage Server 2008 R2搭載NASを出荷


掲載日:2012/07/26


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、NAS「LAN DISK Z」で、Windows Storage Server 2008 R2 Standard Edition搭載モデル「HDL-Z4WTCR」シリーズを受注生産で出荷する。

 「HDL-Z4WTCR」シリーズは、1u(高さ44.45mm)ラックマウントNAS。搭載しているStandard Editionは、接続ユーザ数無制限なので、Workgroup Edition搭載製品に比べ、より大規模なオフィスに導入できる。また、ファイル重複を減らしてストレージを効率的に利用できる、Single Instance Storage機能を利用できる。

 CPUにAtom D2700(2.13GHz)デュアルコアプロセッサ、4GBメモリを搭載し、インストールされたソフトウェアを快適に動作させられ、複数ユーザからの同時アクセス時でも安定したデータ転送を行なえるほか、大量のサーバデータのバックアップも高速に行なえる。

 米国EIA(米国電子工業会)の規格に準拠した19インチ1uラックマウント対応モデルで、ラックで関連機器を集約することで、ケーブルの接続性が向上し、盗難防止も図れる。また、ラックマウントレールが標準添付されているため、購入後、簡単に取り付けられる。

 USB HDDやNASなど複数のストレージを接続し、1つのドライブとして統合できる、株式会社オレガのストレージ仮想化ソフト「VVAULT Professional OEM」が添付され、「VVAULT」を使用したストレージ管理で、資産を有効に活用できる。また、VVAULTを効率的に利用するために、4台のHDDを独立して管理できる「マルチディスクモード」が用意されている。

 4TB/8TB/12TBのモデルが用意されていて、価格はそれぞれ、23万8000円、26万円、32万8000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】 「データ消失は120億年に1回」の秘密──オブジェクトストレージの選び方 【日本アイ・ビー・エム】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】
NAS NAS NAS NAS NAS
適切に管理し活用する「データレイク」とは? ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 「データ消失は120億年に1回」の秘密──オブジェクトストレージの選び方 エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040574


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ