日本オラクル、オープン統合アイデンティティ管理の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、オープン統合アイデンティティ管理の新版を提供


掲載日:2012/07/25


News

 日本オラクル株式会社は、包括的なオープン統合ソリューションを提供する取り組みの一環で、「Oracle Identity Management 11g Release 2」の国内提供を2012年秋(予定)に開始する。

 「Oracle Identity Management 11g Release 2」では、新しいデジタル体験でのセキュリティ確保に最適化された新機能追加や機能強化が行なわれ、セキュリティを確保しながら、クラウド、モバイル、ソーシャルを活用して、新しいユーザ層の開拓、事業の拡大・発展を図れる。

 包括的なオープン統合アイデンティティ管理ソリューションで、規制を効率的に順守しながら、重要なアプリケーションや機密データの保護、高リスクなアカウントのパスワード管理の簡素化を図れ、運用コストの削減を図れる。同社のプラットフォーム、オープン標準のアプローチに対応し、難しい設定不要で、原則として「Oracle Fusion Middleware」や、同社以外のアプリケーションやミドルウェアで利用できる。

 アイデンティティ管理製品が、「Oracle Identity Governance」「Oracle Access Management」「Oracle Directory Services」の3つのカテゴリにまとめて提供される。「Oracle Identity Governance」は、組織のコンプライアンス、ガバナンス、セキュリティのニーズに対応している。新機能“Oracle Privileged Account Manager”は、セルフサービスの買い物かごスタイルのユーザ・インターフェースを備え、クラウド・アプリケーションのプロビジョニングを行なえるほか、コンプライアンス報告手順の強化を図れる。

 「Oracle Access Management」では、エンド・ツー・エンドのユーザ認証を行ない、データ、アプリケーション、Webサービスを保護する。ネイティブなモバイル・セキュリティ、シングル・サインオン、ソーシャルメディアへのサインオン・サポート、サードパーティ製品組み込み機能の強化、不正検出機能の強化などが行なわれている。「Oracle Directory Services」では、包括的な実証済みのディレクトリ・サービスのオプションが提供され、モバイルアプリやソーシャル・アプリをサポートする。“Optimized Solution for Oracle Unified Directory”は、キャリアグレードのスケーラビリティと信頼性を提供するほか、ストレージ、プロキシ、同期、仮想化を統合したオールインワン機能を備え、様々なハードウェアやOSとの相互運用性を確保できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 管理者権限の不正利用を防ぎ、リスク要因を減らす機能の導入方法とは? 会社内部から高度なサイバー攻撃が行われた場合、防ぐ手だてはあるのか? 巧妙化する標的型攻撃への対策は、侵入を前提とした「多層防御」が鍵となる

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040549


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ