さくらインターネット、専用サーバにXeon E-3搭載サーバを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


さくらインターネット、専用サーバにXeon E-3搭載サーバを追加


掲載日:2012/07/24


News

 さくらインターネット株式会社は、物理サーバの性能とクラウドの使い勝手を備えた専用サーバサービス「さくらの専用サーバ」に、新たに「エクスプレスG2」シリーズを追加し、7月31日に提供を開始する。

 「さくらの専用サーバ」は、申し込みから利用開始まで最速10分で、台数上限無制限で複数台構成を利用できる専用サーバサービス。今回追加される「エクスプレスG2」シリーズでは、Xeon E-3 1230V2(3.30GHz、4Core)を搭載した富士通の「PRIMERGY RX100 S7」を採用し、即納サーバモデルのラインアップが強化された。SATA HDDに加え、高性能なSAS HDDやSSD、Fusion-io社のioDriveも標準構成として選択できる。

 耐障害性の高い1TBのミラーリング構成のHDDを搭載できるほか、メモリは標準で16GB、最大32GBまで構成できる。標準提供OSは64ビット版のCentOS 6。インターネット接続回線は100M共有回線(ベストエフォート)が標準で、有償オプションとして帯域保証回線やギガ回線へのアップグレードも行なえる。

 標準提供のインターネット接続回線では、複数のユーザでネットワークセグメントを共有するが、オプションサービスの「専用グローバルネットワーク」を利用することで、分割されたVLAN構成とIPアドレスブロックがユーザごとに提供される。また、IPアドレスブロックの範囲でIPアドレスを自由に割り当てられるため、サーバ間で柔軟なネットワーク設定を行なえる。サーバにLVS(Linux Virtual Server)を導入しロードバランシング機能を持たせることで、サーバの負荷分散も図れる。

 また、「専用グローバルネットワーク」とあわせて利用できる、アプライアンスオプション「ファイアウォール」の提供が開始される。共有タイプながら、サーバごとに独自のセキュリティポリシーを設定でき、専用タイプのファイアウォールと同様の感覚で利用できる。

 価格は、SATA HDD搭載サーバが初期費用不要、月額料金1万9800円、ioDrive搭載サーバが、初期費用不要、月額料金4万9800円など。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040528


IT・IT製品TOP > データセンター > その他データセンター関連 > その他データセンター関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ