ハミングヘッズ、未知のウイルスへの対策も行なえるソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハミングヘッズ、未知のウイルスへの対策も行なえるソフトを発売


掲載日:2012/07/23


News

 ハミングヘッズ株式会社は、標的型攻撃や未知のウイルスなど様々なサイバー攻撃への対策を行なえるアンチウイルスソフト「Defense Platform」を発売し、一般公開を開始した。

 「Defense Platform」では、未知か既知かを問わず、PC上にあるすべてのプログラムを監視し、挙動を解析・分析する。挙動に害があると判断した場合、即座に捕獲する。

 どこから・何が・どこへ・どうした、という読みやすい形でウイルスの動きが可視化され、履歴として記録される。この履歴と学習機能“ホワイトリスト”を組み合わせることで、企業が独自に開発したシステムなどへの過剰反応を抑えられる。

 “監視”なのでスキャン不要、スキャン時間がかからず、時間を節約できる。また、他社アンチウイルスソフトとも共存でき、企業の環境に合わせて自由に使用できる。

 初期出荷では、「セキュリティプラットフォーム(SeP)」ユーザ向けのオプション製品「ディフェンスオプション」のみで提供される。オプション価格は、1ライセンス6000円。


出荷日・発売日 発売済
価格 オプション価格:1ライセンス6000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【Jiransoft Japan】 情報セキュリティSDK CYREN 【Jiransoft Japan】 ランサムウェアから企業を守る「4つのベストプラクティス」とは? 【Commvault Systems Japan】 巧妙に偽装されたウイルスメールから企業をいかにして守るか 【コネクトワン】 テレワーク導入の勘所――生産性と安全性を両立するための必須機能とは? 【コネクトワン】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。 多数のグローバル企業で導入されている、アンチスパム、アンチマルウェア、URLフィルタリング、IPレピュテーションなどのセキュリティ機能を利用するための開発キット。 ランサムウェアから企業を守る「4つのベストプラクティス」とは? 巧妙に偽装されたウイルスメールから企業をいかにして守るか テレワーク導入の勘所――生産性と安全性を両立するための必須機能とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040503


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ